アラサーのための戦略的「人生相談」--この連載はマニュアル的すぎませんか?(その1)


 4つ目は、まさにリスクに関すること。「リスク・マネジメント」とは、(1)「リスクを読む」、(2)「リスクを消す、もしくは下げる」、(3)「現実化したリスクに対処する」の3つから構成されています。現実化したリスクはすでにリスクではなく、クライシスですから厳密に言えば(3)は「クライシス・マネジメント」ですね。

私が1980年代後半のトヨタカップのプロデューサーだった頃は、ひたすら「リスク・マネジメント」への対応に忙殺されていましたよ。この話は拙書『極私的サッカー見聞録』の中に書いたので、ご興味があればそちらをお読みください。

そもそも「リスク」というのがラテン語の「リスカーレ」に由来し、語源の意味は「新しいものに挑戦する」という意味だと、名著『リスク』の中で著者のバーンスタインは述べています。

「リスク」が「挑戦」を意味するというのは実に示唆的ですね。「リスクがない」というのは「挑戦しない」ってことなんでしょうね。今の日本の閉塞状況を招いた根本的な原因は、もしかしたら「リスクがない」ことを「よし」としてきた私たちの考え方にあるのかもしれません。


ひろせ・いちろう
 1955年生まれ。東京大学法学部卒業。80年、電通入社。トヨタカップを含め、サッカーを中心としたスポーツ・イベントのプロデュースを多数手掛ける。2000年に電通を退社し、スポーツ・ナビゲーションを設立。その後、独立行政法人経済産業研究所の上席研究員を経て、04年にスポーツ総合研究所を設立し、所長就任。江戸川大学社会学部教授を経て、多摩大学の教授として「スポーツビジネス」「スポーツマンシップ」を担当。著書に『Jリーグのマネジメント』『スポーツマンシップ立国論』など。現在東京と大阪でスポーツマネジメントスクールを主宰し、若手スポーツビジネスマンを育成している。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT