個性炸裂!自分専用の携帯電話を作ろう

<動画>外装を自分で設計し、3Dプリント

イギリスのスタートアップ企業「OwnFone(オウンフォン)」は目下、クラウドファンディング会社であるKickstarter(キックスターター)によるキャンペーンを展開しているところだ

「本当に自分だけの携帯電話を作る」というのが、この会社のコンセプト。開発者で創業者のトム・サンダーランド氏は、自宅にいながら、携帯電話のデザインをできるという。

動画00分17秒~)「これは、開発者のためのキットです。自宅にいながら、自分の携帯がプリントできます。一般的なインクジェットプリンタ、3Dプリンタ両方に対応しています。作成に必要な材料と、ソフトウェアさえあれば、誰でも自由に作りたい物を作れるのです」

携帯電話の外装をプリンタでプリントした後、それを基板の両面に取り付ける。USBで接続し、オウンフォンのプログラムすれば、すぐに携帯電話として使用できる。自宅に3Dプリンタがない場合には、ロンドンにあるオウンフォンの店舗に行けば、その場で携帯電話の完成を待つこともできる。サンダーランド氏は次のように説明する。

動画01分12秒~)「あなたはデザインを描くだけ。いたってシンプルです。これがアプリです。4つのボタンの携帯電話を選んで、あとは好きなように絵を描くだけです。それが終わったら、私たちはデザインを取り込んで、すぐにプリントします。店を出る時には、使用可能な新しい携帯電話を持っていて、そこには描いたばかりの絵がプリントされているというわけです」

オウンフォンは、通話機能に特化しており、複雑な機能はない。そのため、子供向けのおもちゃ電話、もしくはスマホとの2台持ちユーザーの「ネタ」として、若干の人気を集めるかもしれない。

ナレーションは英語です(音量にご注意ください)
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT