日本人は、まだ「豪華客船」の楽しさを知らない

世界大手が、日本市場開拓に注力

さらに日本仕様を深めているのが、日本で就航中の「ダイヤモンド・プリンセス」だ。この大型客船は2004年に三菱重工で建造された客船で、日本就航を機に、本格寿司レストラン「海(Kai)寿司」、オーシャンビューの大浴場「泉の湯」を新たに設置した。これは、まさに日本式の温泉であり、入浴時に水着をつける必要はない。ただし日本発着のクルーズ以外では、外国人客に配慮して水着着用となる。

「高品質なおもてなし」の評価は、高いリピート率となって表れているという。クルーズ中に船上で次の旅の予約をする人も多く、約20%にのぼるという。船上予約をすると次回の乗船時に利用できる特典がつくことも、高いリピート率の理由のようだ。

早期予約割引も実施

ちなみに日本で人気があるクルーズは、北海道やサハリンあるいはウラジオストックなどを巡る10日間や11日間のコースで、価格は10日間のコースで18万4000円~83万5000円。いちばん高いものは「グランド・スイート」というスイートルームの最上カテゴリーの価格だ。3月31日まで1人あたり2500円~2万円が割引される「早期予約割引」を実施している。

何から何まで「いいことづくし」に感じられるクルーズ旅行。本当に欠点はないのだろうか。気になるのが「船酔い」だろう。

カタログに掲載されている説明によると、「大型客船は波の影響を受けにくく、スタビライザー(横揺れ防止装置)も搭載されているため、公開中に感じる揺れは大幅に解消されています」。やはり、揺れをまったく感じないということはないようなので、船酔いしやすい体質の方は酔い止めなどを用意しておくと安心だ。

「『クルーズは年配の方が多い』というのは、古い時代のイメージです。プリンセス・クルーズではすべての年代の方が楽しめるサービスを提供しています。現に、2014年のゴールデンウィークや夏休みシーズンは非常に子ども連れのお客様が多かったですね。託児サービスがあって大人だけの時間を過ごす選択肢があるのも、ご家族に人気の理由だと思います。旅行している人がずっと一緒にいる必要がなく、それぞれの時間をとったりできるのもクルーズの魅力なんです。たとえば3世代での旅行にもおすすめですよ」(同)。

また、あまりゆっくり時間のとれない働き盛り世代向けとして、4~5日の手軽なクルーズが新たにラインナップされた。家族での休暇の過ごし方として、日本でも徐々に定着していくかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。