利益「3兆円」に肉薄、トヨタに還元の圧力

今期の営業利益は過去最高の2.7兆円へ

今回の春闘でトヨタ自動車労働組合は、ベアに相当する賃金改善分を6000円要求する方針を固めている。

2014年は組合の4000円のベア要求に対して、会社側は2700円を回答し妥結した。満額回答とはならなかったが、かつてベア自体を否定したトヨタがそれを復活させた意味は大きかった。今年はベアは当然で、焦点となるのはその水準になるはずだ。

「利益が出れば税金を払い、従業員にも還元するのは当然。経済の好循環も一つだが、中長期での国内生産の競争力をそぐことになってもいけない。労使でしっかり議論したい」と佐々木卓夫常務役員が言うように、賃金交渉は企業の競争力を考えながら労使で決めるのがスジ。が、好むと好まざるとにかかわらず、デフレ脱却の一翼を担わされるトヨタは、政治的な配慮も求められてしまう。

株主に対する配慮は?

もっとも、期待するのは政府や従業員、取引先だけではない。豊田章男社長は新年の動画メッセージで「ステークホルダーといいますと、まず第一に、やはり株主様だと思います」と語っている。現在トヨタが公約している配当性向は30%。利益水準が上がれば配当額も増えるが、還元率の引き上げを求める声も投資家から強まりそうだ。

空前の利益水準をたたき出し、還元を欲しがる声は強まるばかり。高度なバランス感覚を問われるのは、トヨタゆえの宿命かもしれない。

「週刊東洋経済」2015年2月14日号<9日発売>「核心リポート01」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。