日本並み悪環境なのにイスラエル起業世界一の訳 条件が違いすぎるアメリカより学べることは多い

拡大
縮小

次に示すのは、イスラエル系企業Goldratt Japanの岸良裕司CEOへのインタビュー調査から得られた、「金魚を飼ってほしいと駄々をこねるイスラエルの4歳児」の実際の事例である。

この事例では「金魚を飼いたい」という4歳の娘の要求と「金魚を飼ってくれない」という母親の要求が対立している。しかし、2人の共通目標は「親子で仲よくする」で一致している。こうした状況をイスラエルの家庭では「経営教育の場」と捉えるという。この対立をより高次なレベルで両立させるというゲームをさせるのである。

母親はまず、娘に「金魚を飼いたい」「金魚を飼いたくない」という対立する要求(手段)はどんな要望(目的)のためにあるのかを考えさせる。すると、娘の要望は「金魚を見たい」、母親の要望は「金魚の世話をしたくない」だったと判明する。そして娘は「じゃあ、幼稚園の帰りに金魚屋さんに連れてって」という解決策をみずから思いつくのである。

こうした解決の仕方は、イスラエルの子ども向けアニメ番組「Roni's Thinking Games」などにも見られる。例えば、「おもちゃが1つしかない場合に、友だちと楽しくすごすにはどうすればよいか」といったことを論理的に考えさせるのである。

また、1990年には、イスラエルにおいて、Ofra Segevという教育者と教育省が主導して、幼児に対して対立する要求を高次の要望と区別させる教育をおこなった。その結果、幼児たちは他者との衝突を論理的に解決できるようになり、暴力はほとんどなくなったという。

広い意味での「経営」教育を家庭内で日常的に実施

起業を含む広い意味での「経営」は、2人以上の人間が集まったときに必要となる。そのためには、他者との対立を高いレベルで解消し、自分の目標に対して他者の協力を得なければいけない。イスラエル国民やユダヤ系移民たちは、こうした、起業家教育よりも広い意味での「経営」教育を家庭内で日常的におこなっているのである。

これらに加えて、ユダヤの家庭教育の基礎にあるのが、「ユダヤの格言」としても有名な聖典『タルムード』である。タルムードには、宗教運営上の規則などに加え、「植物の種はすぐに食べずにまず植えて増やす」などビジネス上の教えに通じるものも多い。イスラエルをはじめとするユダヤ系家庭では、人生においてどのような道に進む場合にも、それを「経営」するようにタルムードを通じて幼少期から叩き込まれる。

次ページ日本がこうした家庭教育をおこなうには?
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT