酒に酔い「警察に保護」迎えに来た臨月の妻の一言 39歳で二度も警察に保護された男性のその後

拡大
縮小
ある男性は酒に溺れ警察に二度保護、出産直前の妻の怒りを買い「減酒治療」を始めました(写真:Ryu K/PIXTA)
2018年のWHO(世界保健機関)の報告によると、「アルコールの有害な使用による世界の死者数」は、約300万人(2016年)。これは糖尿病、結核、エイズによる死者数よりも多い数字で、世界中の全死者数の5.3%に当たります。飲酒は、日本でも深刻な問題です。2018年に厚生労働省が発表した推計によると、飲酒による日本の年間死亡者は約3万5000人にのぼります。
「止めたいけど仕事の付き合いもあるし、止められない……」「断酒はしたくない」という人もいると思います。そんな人のために、「もちろん、断酒がいちばんいい」と前置きしたうえで、アルコール依存症専門医の倉持穣医師が提案するのが「減酒」という方法です。本稿では、『今日から減酒! お酒を減らすと人生がみえてくる』より一部抜粋し再構成のうえ、妻が妊娠中にもかかわらず、酒に溺れ警察に保護された男性の話を紹介します。
前々回記事:『「毎日何となく」で飲む人はお酒の怖さを知らない
前回記事:『在宅勤務で「昼から飲酒」48歳男性の行き着いた先

二度の警察保護

■徳田大輔さん(仮名・39歳)──[男性・営業(会社員)・妻と子ども1人(1歳)]

□大輔さんの飲酒history
20歳:飲酒を始める
大学のサークルで毎日のように飲み会が開かれる。体育会系だったため、吐くまで飲むことが当たり前の日々
23歳:就職してからもコンスタントに飲み会
就職後、部署を問わず飲み会が開催され、週に1~2回は参加していた。1日で、ビールジョッキ15杯、もしくはワインボトル2~3本の飲酒量。飲んでたびたび記憶をなくしていた
29歳:結婚
30歳~:会社帰りの飲み会で、無茶な飲み方が続く
会社の飲み会では、相変わらず限界まで飲む生活。月に2~3回、電車で寝過ごして終点まで行き、漫画喫茶などで夜を明かしたことも
32歳:初めて警察に保護され、妻が激怒
飲んで記憶をなくして帰れなくなり、深夜、警察に保護される。妻が車で迎えに来て事なきを得るが、妻は激怒
37歳:再び警察に保護され、妻に受診を促される
飲酒しながらゴルフのラウンド後、帰りの電車で、群馬県から栃木県まで寝過ごしてしまう。そのまま警察に保護されたことが、出産直前の妻の怒りを買うことに。妻がインターネットで探したさくらの木クリニック秋葉原を受診し、減酒を始める
次ページ臨月の妻が警察へ迎えに来て激怒!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT