藤井聡太が熱戦「天空の対局場」とトヨタの深い縁 章男社長「ぜひともお役に立ちたい」と前のめり

印刷
A
A
真剣な表情で駒を指す藤井聡太五冠(写真:筆者撮影)

将棋の公式戦が開かれる「名古屋将棋対局場」が22日、名古屋市の名古屋駅前の複合施設「ミッドランドスクエア」内にオープンした。

日本将棋連盟の公式対局拠点としては東京、大阪(関西)の各将棋会館に続いて3カ所目。中部・東海地方では藤井聡太五冠の活躍で将棋人気が高まっているが、そこに地元のトヨタ自動車が手を挙げて、一等地のビルの会議室を無償提供するという大胆な支援に出た。その狙いや意義を探った。

この記事の画像を見る(5枚)

藤井五冠も「快適にできた」と満足

新幹線や在来線が行き交い、リニア新駅の工事も進む名古屋駅。その駅前で最も高い地上46階建てのオフィスビルを含む複合施設がミッドランドスクエアだ。その17階から40階にトヨタ自動車の「名古屋オフィス」が入居している。16階に入るのはトヨタグループで不動産事業を担ってきた旧東和不動産。今年4月に「トヨタ不動産」へと社名変更している。

ミッドランドスクエア(右の建物)の25階に名古屋将棋対局場がオープンした(写真:筆者撮影)

そんな同ビルのシースルーのエレベーターで24階へ。トヨタ自動車の受け付け前を通って、さらにエスカレーターを上った25階でこの日、名古屋将棋対局場の「開場セレモニー」が行われた。

セレモニーには、日本将棋連盟会長の佐藤康光九段、藤井聡太五冠、藤井五冠の師匠である杉本昌隆八段、佐々木慎七段とともに、トヨタ自動車の桑田正規副社長が出席した。

冒頭でトヨタの桑田副社長は「豊田(章男)社長もこの中部・東海地区で頑張っている棋士の活躍をぜひとも応援したい、お役に立ちたいということで今回この場所をお貸しすることになった。これからこの場所で伝統のある順位戦の戦いが繰り広げられ、新たな盤上の物語が刻まれていくことを大変楽しみにしている」などと挨拶を述べた。

名古屋将棋対局場の前でテープカットするトヨタ自動車の桑田正規副社長(左端)ら(写真:筆者撮影)

次ページ愛知県出身の藤井五冠
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT