「拝啓トヨタ自動車社長 豊田章男様」 強すぎるトップへの忖度で現地現物の力が低下

印刷
A
A
豊田章男社長は社長在任14年目だ(撮影:尾形文繁)

拝啓 トヨタ自動車社長・豊田章男様。たいへんご無沙汰しております。

私がトヨタ担当だったのは6年も前ですが、トヨタと豊田社長について、つねに関心を持ってウォッチさせていただいております。

2022年3月期の純利益は過去最高の2.85兆円。社長就任から丸13年、株価は2.5倍に上昇し、時価総額(自己株除く)を23.5兆円も増やされました。すばらしい実績です。

ただ、心配なこともあります。現在のトヨタはいくつか問題を抱えているように見えます。直接の原因はそれぞれ異なるのでしょうが、「現地現物」の力が衰えていることが背景にあるように思います。

例えば、昨年からの生産目標の度重なる修正。

次ページ「すべてが豊田社長のせい」とは言いませんが
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内