有料会員限定

われわれは北朝鮮を知っているか 日本の対北外交は正念場

印刷
A
A

2度目の米朝首脳会談など今年も朝鮮半島ではトップ外交が続く。そんな北朝鮮についてわれわれは本当に理解しているのか。

南北・米朝と、首脳会談が予定されている。この中に日本が入り込めるのか(写真は韓国ソウル)(AP/アフロ)

真っ暗な街を表情暗く歩く市民。古いコメのご飯。1日2時間しか出ないお湯。1998年2月、北朝鮮を訪れた記者の体験だ。前年97年の北朝鮮のGDP(国内総生産)成長率はマイナス6.5%(韓国統計庁)。北朝鮮自ら「苦難の行軍」と呼び、餓死者も続出した経済難の時代だった。

それから20年余り。北朝鮮の朝鮮社会科学院経済研究所の李基成(リギソン)教授は昨年、17年の人口が2528.7万人、GDPは307億0400万ドル(約3.4兆円)と明らかにした。これから計算すれば1人当たりGDPは1214ドル(約13万円)となる。ミャンマーと同レベルの経済水準だ。

平壌市内の様子は現在、20年前とは一変した。市民らの表情は明るく、商業施設には商品が豊富に並んでいる。日本食などさまざまな食事も楽しめる。日本と比べるとまだ暗いが、それでも街灯は灯り、漆黒が覆う街ではない。90年代後半の最悪の経済状況から、北朝鮮は少しずつ成長を遂げてきた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内