もはや製造業でもリスクとなった「円安の時代」 日本製鉄社長も円安への危機感をあらわにした

印刷
A
A
急速な円安の進行で、「悪い円安」を懸念する声が高まっている(撮影:編集部)

急速な円安の進行で、「悪い円安」を懸念する声がこれまでにないほど高まっている。

3月28日、円ドル相場が2015年8月以来となる1ドル=125円台をつけた。翌3月29日、日本鉄鋼連盟の橋本英二会長(日本製鉄社長)は定例会見で「円安を容認しておく政策でよいのか、真剣に議論していかないといけない。円高リスクへの対応を日本の製造業はやってきた。

円安がマイナスになる“円安リスク”というのは初めてのこと。円安リスクがこれからの大きな日本の課題だと思う」と問題提起を行った。

「円安警戒論」が示す時代の変わり目

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内