双子パンダ1歳「個性も発揮」ぐんっと成長の記録 小池百合子知事の鑑賞時は母子3頭が「爆睡」

印刷
A
A
木の上のシャオシャオに近寄るレイレイ。2022年6月20日(筆者撮影)
この記事の画像を見る(3枚)

東京・上野動物園で初めて双子のジャイアントパンダが生まれてから、昨日で1年。これまで2頭とも病気をせず、元気に育っている。

誕生日当日の6月23日、筆者は観覧抽選に当選していたので、午後2時過ぎに訪れた。室内では、左側にある低い木の上で雌のレイレイ(蕾蕾)がお尻をこちらに向けてすやすや。母のシンシン(真真)は右側の床の上で壁を向いて寝ていた。外に出ると、雄のシャオシャオ(暁暁)が木の上にいる。意外と細い枝の上に体を乗せて、鼻と右の前足を他の枝と枝のすき間から出すという器用な体勢だ。寝ているようだが、ほんの少し動いていた。

この3日前の6月20日は、シャオシャオが室内の木にもたれかかっていた。レイレイはシャオシャオに近づくも、相手をしてもらえないと悟ったのか、そそくさと退散して、シンシンのそばへ。シンシンは竹を食べるのに夢中だ。レイレイも真似をしてか、まだ食べられないのに細い竹を1本くわえて、シャオシャオと反対側にある木に登り、ほどなく眠りに落ちた。

小池知事も顔をほころばせパンダ鑑賞

この日、6月20日は、休園日を利用して、園内で「シャオシャオ・レイレイの1歳を祝う会」が開催された。式典が終わり、東京都の小池百合子知事が母子3頭を観覧した際は、全員がお昼寝中。知事は「爆睡中ですね」と声を漏らした。

(左)お昼寝中のパンダの母子を観覧する東京都の小池百合子知事、上野動物園の福田豊園長、抽選に当たって招待された子どもたち。2022年6月20日(写真:公益財団法人東京動物園協会提供)、(右)パンダ舎の前で取材に応じる小池百合子都知事。2022年6月20日(筆者撮影)

直後の会見で、小池知事は「コロナ禍で皆さん、パンダに会えないという思いを抱いていらしたと思います。動物園にも、なかなか来られないという状況が続きました」と、長期に及んだ臨時休園に言及。

そして、「(シンシンと双子の)パンダについては抽選制が続きますけれども、少しでも上野動物園で楽しんでいただければ、そしてパンダの成長を見守っていただければと思います」と顔をほころばせた。

次ページハンモックのプレゼントは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT