沢木耕太郎が三浦一族の屋形跡で見た"2つの夢" 「飛び立つ季節 旅のつばくろ」からエッセイ紹介

印刷
A
A
(写真:ilovealpha/PIXTA)

その階段を登り、さらにくねくねと続く幾層もの階段を登り切ると、木々のあいだに夏草の生い茂る平らな空間が現れる。

そこが、三浦半島の豪族、三浦氏の屋形跡たる衣笠城址だった。

意外に狭い。私たちが城に対して持っているイメージはもとより、山城と表現するのさえはばかられるようなスケールの小ささだ。

どうやら、それは三浦氏の屋形のあったところで、自然の要害に拠って城のような意味を持つものになったということらしい。

三浦氏と言えば、源平の時代、源氏側についたため一度は滅亡寸前まで追い込まれる。しかし、頼朝と共に源氏を再興するのに力を尽くした結果、鎌倉幕府において重きを置かれるようになる。が、今度は北条氏との権力争いに敗れ、日本各地に離散することになってしまうのだ。

いま、その屋形跡には、蟬の声が聞こえるだけで、私以外誰もいない。

二つの夢

以前、ある雑誌の記事で、国文学者の深沢眞二が、芭蕉の「夏草や兵どもが夢の跡」について、当時の「夢」は眠っているときに見る「夢」だけをさし、将来の希望という意味はなかった、と語っているのを読んで驚かされたことがあった。

『飛び立つ季節 旅のつばくろ』(新潮社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

しかし、この衣笠の、夏草の茂る三浦氏の屋形跡には、源平の時代から鎌倉の時代を生きた「兵ども」の、夜見る「夢」ならぬ、野望としての「夢」がゆらめいているかのようだった。

しばらくして、汗も引いたので、衣笠城址を離れることにした。階段を降り、坂道を下りながら、さて、と考えた。

もし、いつの日にか、私が「横須賀線ちんたら旅」を書くことがあったとしたら、衣笠駅の項でどちらの話を取り上げるだろうか。無人の衣笠城址に立って、二度滅びた三浦一族に思いを馳せたことだろうか。あるいは、そこまで案内してくれたサッカー少年との会話だろうか。

たぶん、私は少年との会話を選ぶだろうなと思いかけて、いや、その両方を書けばいいのだと気がつき、ひとり笑ってしまった。兵どもの興亡の「夢」と、少年のサッカーの「夢」。二つの「夢」について書けばいいのだ、と。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT