【産業天気図・化学】増額修正相次ぐ。焦点はナフサ高とデジタル家電

大幅な上方修正が相次ぐ石油化学大手各社。その要因は(1)原料ナフサの高騰と需給逼迫を受けた製品値上げ、(2)旺盛な中国の需要、(3)デジタル家電向けの電子材料の拡大、だ。製品値上は、ポリプロピレンなど汎用樹脂については今年3度にわたる値上げが浸透。現在、第4次値上げの交渉の真っ最中。「おそらく(顧客に)なんとか納得してもらえる」(業界大手)状況だという。
 一方、中国の石化製品への需要は根強い。塩ビ樹脂を例に挙げると、中国の需要は年700万トンで、今後、2桁成長が続き、2008年には年1000万トンに達すると予測されている。06年から中国内でも石化プラントが立ち上がるが、需要拡大が供給増を吸収しそうだ。
 下期以降の不安材料は2つ。1つはデジタル家電の調整。住友化学の液晶カラーフィルターは操業度6~7割と今一歩の状態が続く。デジタル家電の調整の期間、落ち込み幅が石化業界にとっても焦点だ。もう1つは原燃料価格の動向。「価格転嫁も、もう限界に近づいている」との声もあり、今後も高騰が続いた場合、5~6度目の価格転嫁が可能か、が大きな焦点になる。そうした事情を勘案すると、業界の空模様は『晴れ時々曇り』といえよう。
【石川正樹記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。