今の若者に上の世代が絶対取ってはいけない言動 壮大すぎる目標を迫ったり失敗に学べと言ったり

✎ 1〜 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 17
拡大
縮小

例えば、「昔は深夜残業が当たり前で大変だった」「こうやって苦労して成長した」というエピソード。上司はただの苦労話をしているつもりかもしれないが、ワークライフバランスを重視している現代の若者が聞いても、共感どころか「この上司は残業を厭わない人なんだ」と引いている可能性がある。

効率のよい就活を経験した2022年卒であればなおさら。意味のない(感じられない)ことに時間やお金を費やすことはナンセンスだという彼らの価値観を理解せず、一方的に話をしても、本音のところの信頼関係は一向に築かれない(しかも、本音でどう思ったかは、上司側には話してくれない)。

無遠慮な自己開示は最悪ハラスメントに

他にも、SDGsへの関心は近年の就職活動におけるポイントにもなっている。例えばジェンダーの問題など、無遠慮な自己開示をすると、最悪ハラスメントに該当する可能性すらある。部下が自由に発言できる環境はつくるべきだが、上司は自分の発言が与える影響を踏まえ、今の価値観に合わせて話すことを一定意識すべきだろう。

このような、新卒の傾向は、来年以降も続いていくことが予想される。最新のデジタルツールを自由に使いこなし、従来の常識にとらわれず変化していける彼ら。安定志向で地に足のついた仕事がしたいと願う一方で、社会課題への関心の高さは頼もしい限り。とはいえ、まだまだ社会に出たばかりで発展途上。彼らの可能性を広げていくのは他ならぬ上司のみなさまだ。とはいえ、人事や組織の担当者も上司側に丸投げするのではなく、その前提で、上司側の支援も行うことが求められている。

今回論じた内容で、この世代の個性に配慮するのは最低限必要だが、とはいえ、いちばん大事なのは「新人」と一括りにせず、1人ひとりの個性に注目して可能性を引き出すことだと筆者は思う。

徳谷 智史 エッグフォワード 代表取締役

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

とくや さとし / Satoshi Tokuya

京都大学経済学部卒業。企業変革請負人。組織・人財開発のプロフェッショナル。大手戦略系コンサル入社後、アジアオフィス代表を経て、「世界唯一の人財開発企業」を目指し、エッグフォワードを設立。総合商社、メガバンク、戦略コンサル、リクルートグループなど、業界トップ企業数百社に人財・組織開発やマネジメント強化のコンサルティング・研修など幅広く手がける。近年は、先進各社の働き方改革、AI等を活用したHR-Tech分野の取り組みや、高校・大学などの教育機関支援にも携わる。趣味はハンドボール、世界放浪等。ご相談・取材・執筆・講演依頼はこちら

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT