戦国武将の遺言状 小澤富夫著

戦国武将の遺言状 小澤富夫著

「3年の間、われの死を隠せ」と遺言した武田信玄。武門武田家の智将として戦国の世に生きた経験から、自らの死を隠す準備こそが他国からの侵攻を防ぐ手立てと知っていた信玄は、諸国からの書状への返礼に用いる書紙に信玄の加判と呼ばれる署名と花押を記したものを800枚用意して彼岸へ旅立ったという。

群雄割拠の戦国乱世で武士にとって当為と自覚されていた「死」。死に直面し、それを覚悟したときに一国一家の興廃をその身に背負う武将たちは何を思い、何を考えたのか。覇者・秀吉、その秀吉の命により切腹した千利休、そして永遠のライバル、信玄と謙信まで、11人の遺言書から切実なる「死の覚悟」とその生きざまを読み解く。

文春新書 746円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。