戦国武将の遺言状 小澤富夫著

戦国武将の遺言状 小澤富夫著

「3年の間、われの死を隠せ」と遺言した武田信玄。武門武田家の智将として戦国の世に生きた経験から、自らの死を隠す準備こそが他国からの侵攻を防ぐ手立てと知っていた信玄は、諸国からの書状への返礼に用いる書紙に信玄の加判と呼ばれる署名と花押を記したものを800枚用意して彼岸へ旅立ったという。

群雄割拠の戦国乱世で武士にとって当為と自覚されていた「死」。死に直面し、それを覚悟したときに一国一家の興廃をその身に背負う武将たちは何を思い、何を考えたのか。覇者・秀吉、その秀吉の命により切腹した千利休、そして永遠のライバル、信玄と謙信まで、11人の遺言書から切実なる「死の覚悟」とその生きざまを読み解く。

文春新書 746円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT