原始的メディアだからできることがある--『私のフォト・ジャーナリズム』を書いた長倉洋海氏(フォトジャーナリスト)に聞く


 だから、僕の写真では戦争の状態や難民の生活は少しだけしか見えない。しかし、それで十分だと思っている。テレビなどはすべての答えを用意して、人々に提供する。フォトジャーナリズムはもともと音声もないし、動きもない。そこにはほんの一瞬、1万分の1秒とか何千分の1秒とかで切り取った「絵」だけがある。いわばメディアとしては極めて原始的だ。

むしろそういうものだからこそ、その一枚の「絵」に感動したときに、見る人はくぎ付けになり、立ち止まる。その瞬間の「絵」の前後を知りたくなる。そして、そこではどんな音がして、どんな風が吹いていて、さらに、この人は今どうしているのだろうかと。そういった「見つめさせる力」を持つ、見えないものまで想像させるジャーナリズムでありたい。

──30年にわたり、45カ国以上の現場にカメラを向けています。

2009年までの4年間は5万キロを踏破して、シルクロードを取材した。一部では、うれしいことに、ラクダの背に揺られての探索でもあった。フォトジャーナリズムは幅広い。戦争や紛争に限らず、天変地異も含めて、人間が関心を持つところ、あるいは興味の引かれるところ、そこに出かけていって、その実相を伝える。

その場合、その地域に行って、日本との違いを伝えるのは簡単だ。多くが、民族も宗教も言語も生活様式もすべて違うのだから。それなら、比較できるような情景でありきたりに違いを伝えるよりも、むしろ同じ人間だという視点に立つほうが、彼らの痛み、悲しみ、喜び、そういうものがよく伝わる。

相手が若者ならば若者という視点も大事だ。戦火の中でも、恋をしたい、勉強をしたい、といった点は共通している。最近は若い頃と違って事前にガツガツ調べたりせずに、肩の力を抜いて現地に向かう。そこそこの基礎知識は当然必要だが、むしろ同じ人間として感じたものこそ伝えられれば、と考えている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT