原始的メディアだからできることがある--『私のフォト・ジャーナリズム』を書いた長倉洋海氏(フォトジャーナリスト)に聞く


──出向く先に事欠きませんね。

新聞を見ると、民族対立、宗教対立は消えず、世界の見通しは決して明るくはない。地球環境問題も、それだけを見ていると大変だというとらえ方になり、将来に対して悲観的になってしまう。しかし現地に行ってみると、人々は違う国から来た僕を、民族も宗教も違うはずが、どこでも受け入れてくれて、とても別れを惜しんでくれる。そういう人たちのことを思い出すと、世界は決して暗くも悲しくも大変でもなくて、思いを分かち合えるものなのだと意を強くする。

一人で気張ってすべてを伝えようとしなくても、フォトジャーナリストは何人もいて、その中で僕が見たこと、感じたことを大切にして、自分しか撮れないことを撮るべし、とつくづく思う。スクープを競争する時代ではなく、その人しか感じられないものを伝えることで初めて、戦争や対立にしても、多様性や複雑さがはっきり見えてくる。

──フォトジャーナリズムは今、冬の時代といわれます。

カメラ付きケータイが普及して誰もが写真を撮れる。現場、最前線で何かあったときに、たとえば今のエジプトの騒乱でも、ケータイの動画が世界中で見られている。逆にいえば、誰もが一応簡単に撮れることによって、本当にいい写真だと感じてくれる「土壌」が広がっていくのではないか。僕はまったく悲観的ではない。

(聞き手:塚田紀史 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2011年2月19日号)

ながくら・ひろみ
1952年北海道釧路市生まれ。時事通信社を経て、80年よりフリーランス。紛争地や辺境に生きる人を撮り続ける。主な写真集に『地を駆ける』、『マスード 愛しの大地アフガン』(土門拳賞)、『獅子よ瞑れ』、『サルバドル 救世主の国』、『人間が好き アマゾン先住民からの伝言』(産経児童出版文化賞)。

『私のフォト・ジャーナリズム』
平凡社新書 945円 286ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT