原始的メディアだからできることがある--『私のフォト・ジャーナリズム』を書いた長倉洋海氏(フォトジャーナリスト)に聞く

原始的メディアだからできることがある--『私のフォト・ジャーナリズム』を書いた長倉洋海氏(フォトジャーナリスト)に聞く

実像と虚像のすき間を埋めようと、世界の隅々まで出掛けていくフォトジャーナリスト。「世界は私たちが思う以上に、複雑で、そして広く豊かで、美しい」という。

──お帰りなさい。インタビューをお願いして数カ月。日本を留守にしていらした。

帰りの船便がなくて。南太平洋、赤道直下のカピンガマランギ環礁にいた。行くときはヨットをチャーターし、揺られ揺られて5日間。渡った島には、船が3カ月から半年に一度しかこない。水上飛行機もない。

帰りは、本島で売るための豚や鶏の糞尿にまみれながらの船旅。「写真の旅」自体は、終わってみれば楽しいものとなるが、その最中はしんどくてつらい。しんどくてつらいが、先々で新たな発見の喜びがあるのはわかっているし、それがしんどい旅を乗り越えさせる力になっている。

──これも本にするのですか。

7月1日から20日にかけて「北の島、南の島」のタイトルで写真展を予定している。本の刊行も決まっている。一昨年に取材したグリーンランドと合わせて。

地球温暖化で氷河が溶け、海面が上がっている島々がある。そこにどのような人たちが住んでいて、どんな生活があるのか。僕の知らなかったこと、見たことがなかったことがたくさんあった。それを伝えたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT