NFTと「推し活」の相性がすこぶる良いカラクリ 二次流通のジレンマを解消する可能性もある

印刷
A
A
NFTは、ユーチューバーやクリエイターなどの活動を応援するファン心理ととても相性がよいのが特徴です(写真:Graphs / PIXTA)
ビットコイン、ブロックチェーン、NFT(非代替性トークン)ーー。これらの名称を、ニュースなどで目や耳にしない日はないほど、世の中への認知は広がりました。ですが、どれだけの人がその内情を理解しているかというと、それほど多くないように思われます。
とはいえ、今さら誰かに聞くのはなかなか難しいでしょう。かといって、自分で調べてみても、情報が多すぎて何が正しいのかさえわからなかった、という声も少なくありません。
そこで、投資を考えている人にはもちろん、ビジネスパーソンの基礎知識として、めまぐるしく変化する暗号資産の最新知識をまとめたのが『最新 いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』です。今回は、ここから話題が沸騰中のNFTについて、一部を抜粋してお届けします。
第1回:「NFTを「知ったかぶり」している人が見落とす本質」(5月21日配信)

NFTは、特定のアーティストやクリエイターを応援したいファン心理ときわめて相性がいいことが大きな特徴です。

わかりやすいのは、「推し」に対する投げ銭です。人気ユーチューバーのライブ配信で、数百円から数万円のスパチャ(ユーチューブが提供する投げ銭機能「スーパーチャット」の略)が乱れ飛ぶ光景を目にしたことがある人なら、きっと実感できると思います。

スパチャは「推し」を応援したい気持ちを「お金」で表現したものです。「推し」と直接つながることができるだけでなく、チャットで「推し」から「お礼の言葉」をもらえるケースもあり、ファンの承認欲求も満たされます。好きな人のためなら、多少の出費はいとわない。それがファン心理というものです。

NFTが満たしうるファン心理

ライブ配信サービスやコンテンツ投稿サイトでは、配信者(うp主=コンテンツをアップした人)の才能に対する称賛の気持ちや、コンテンツ制作の労力に対するお礼として、さまざまなグッズや権利(配信者主催のイベントに参加する権利など)を購入できるギフティング機能が提供されています。

そこで買えるグッズが、市販品とは違う「限定品」だったらうれしいし、ほかの誰も持っていない「一点物」だったらもっとうれしい、多少高くても手に入れたい、というのがファン心理ではないでしょうか。NFTはそれを可能にしてくれるのです。

次ページ値段はファンの忠誠心でいくらでも変わる
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT