デジタル画像が数億円!「NFTバブル」本当の正体

投資目的ばかり考える人に欠けた重要な視点

FacebookはMetaに社名変更、NFT領域への参入も示唆(写真:© 2021 Bloomberg Finance LP)

NFTのニュースが連日連夜メディアを賑わせています。NFTとは「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略称で、ブロックチェーン技術を用いてデジタルデータに代えの利かない識別情報を持たせ、希少性や唯一性を与えようとするアイデアです。偽造や複製が困難な鑑定書付きのデジタルデータとも言えるでしょう。

NFTが期待を集める魅力的なテクノロジーであることは、すでに多くの人の知るところとなりつつあります。一方で、NFTというだけで無形のデジタルデータが数億円で落札されることもあり、「歴史ある美術品や著名な絵画を上回る金額がつくのはなぜなのか」という疑問を持つ人も多いでしょう。

『従来の仮想通貨ブームと「NFT」の決定的な違い』に続き、本記事では高騰するNFTの価格に対する懸念を解きほぐしながら、この技術が広く社会に受け入れられるための道筋について考えていきます。

(外部配信先では図表を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

数字で見るNFTの利用状況

まず、2021年におけるNFTの販売総額を見てみましょう。こちらは見ての通り、12月7日現在と年始を比較するとおよそ3〜5倍程度の販売額へと成長しています。

NFTの平均取引単価を示したのが次のグラフです。こちらを見る限りゲームに関連するNFTの単価は横ばいである一方で、「アート&コレクティブ」の平均単価が右肩上がりなことがわかります。

アート&コレクティブの分野の平均単価はNFTに関連する指標の中でもとくに伸びが著しく、1年も経たぬ間に、約1500ドルから約10万ドルへ60倍近い成長を遂げています。

次ページ売買市場への参加者はあまり増えていない?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT