冬うつから二重アゴまで、「水毒」が原因かも

コンビニ飯で体を温め、発汗力を上げよう!

まず第一に、一般に言われる「1日に必要な水分=約2リットル」は、飲み物だけを指しているのではなく、食べ物からの水分も含むということを覚えておきましょう。

入浴や運動、サウナなどで発汗させる機会がある方は、これらを大いに活用して、余分な水分を排出するようにしましょう。しかし仕事が忙しくオフィスにこもりがちの方は、食事面で体を温め、発汗作用の高いものをいただくようにしておきましょう。

・体を温める食材
年中出回っている南国フルーツや夏野菜はなるべく避け、ニンジンやレンコン、大根、ごぼうなどの根菜を摂取しておきましょう。フルーツが食べたい方には、リンゴがオススメです。
・発汗作用のある食材
生姜、ニンニク、唐辛子など香辛料系、わさび、ネギなどの薬味系がオススメです。
・血流をよくする食材
納豆、キムチ、漬物、甘酒などの発酵食品。生姜、ニンニク、ネギなどにも効果が期待できます。

コンビニでもお目にかかれる水毒対策メニューは?

食事面から水毒対策を行うには、必要以上に飲み物を摂り過ぎないことと、体を温め、発汗作用のあるものを補うことです。以上を踏まえ、コンビニに出かけてみましょう。

〈みわ子流、水毒対策につながるコンビニ飯!〉
・冬野菜たっぷりのカレードリア
レンコンやニンジン、ほうれん草など冬野菜がたっぷり入っているものがベター。カレーには香辛料がたくさん含まれており、発汗作用を期待できます。
・もつ味噌煮込み
大根や里芋、ネギ、こんにゃくなど、体を温める食材が勢ぞろいです。発酵食材の味噌も摂取できます。
・豚汁うどん/ねぎたっぷり肉汁うどん
あつあつのうどんや蕎麦は食べると汗ばむので、発汗作用に◎! ネギや冬野菜など具だくさんなのも魅力です。
・生姜入りスープ
コンビニ各社の棚を眺めてみれば、生姜や冬野菜をたくさん摂れる中華系のスープが勢ぞろいしています。
・その他
おでんなどで冬野菜を選んだり、中華まんやスナックでカレー系のものを選んだりすれば、体を温め発汗作用を高める工夫ができそうです。 

風邪やインフルエンザにかからなくとも、冬はお悩み多き季節です。仕事の効率にも何かと影響してしまいますので、「ちょっと水分、摂りすぎかな?」と思った方は、今日から食べ物と併せて注意してみてくださいね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。