シェール開発、早すぎたバブルの終焉 

環境破壊、原油下落…米国生産現地ルポ

カナダ・アルバータ州北部のオイルサンドとテキサス州の製油所を結び、一日当たり83万バレルの原油を輸送する計画。パイプラインは全長2700キロ超で、南側は完成し、送油を始めている。

大量消費信仰が変わる

NYで開かれたキーストーンXLパイプライン敷設反対のデモ。オバマ氏が敷設承認法に拒否権を発動することを求めている

焦点となっているのは、米国とカナダの国境をまたぐ北側半分で、州政府が敷設を認可していないところもあるほか、6年にわたり、反対運動で計画が宙に浮いたままであることだ。

しかし、保守派でエネルギー業界との結びつきが強い共和党が多数派の議会は、キーストーン計画の承認法案を採決する意向だ。オバマ大統領は、同法案が可決された場合は拒否権を行使する意向を示唆。それに期待をかけた反対派が、デモを繰り返している。これも10年前であれば、全米規模には及ばなかった運動だ。

世界有数の石油産出国で、大量消費に対する信仰が強い米国が変われば、エネルギー問題で、世界に影響を及ぼすことも可能になる。

人口わずか3万人の大学街イサカの住民は、それを信じて、フラッキングの全州における禁止を提案した。今後も、温暖化ガス削減の動きの中で、新たな挑戦に挑んでいくに違いない。(=文中敬称略=)

(ジャーナリスト・津山恵子)

※AERA 2015年2月2日号

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング