シェール開発、早すぎたバブルの終焉 

環境破壊、原油下落…米国生産現地ルポ

雇用など経済効果を期待してシェール開発を支持する住民と、健康被害を理由に反対する住民。州北西部は住民が真っ二つに分かれていたが、州政府の決定は、住民とエネルギー業界に大きな衝撃を与えた。

これまでクオモ知事を板挟みにした住民の対立の中で、イサカは、一体となって「フラッキング反対」を叫んだ稀有な地域だ。

「12年にコーネル大に入学したとき、街中に“フラッキング反対”“太陽光発電にしよう”といった看板が、あちこちに立っていて、反対運動の最中だった」

コーネル大数学専攻で博士号論文を書いている運動家ジェフリー・バーグフォーク(35)はそう回想する。

健康被害も懸念

郊外に住む獣医ミシェル・バンバーガー(59)と、夫でコーネル大分子医学教授ロバート・オズワルド(61)は09年春、ルイジアナ州でフラッキングの現場にいた家畜牛が、何かに接触してから1時間以内に死亡したという事件に関心を抱いた。

バンバーガー(右)とオズワルド夫妻。「私の孫、孫の孫まで、同じ美しい地球を見てほしい」(バンバーガー)

「フラッキングは安全だとシェール企業は言うけれど、牛のような大きな家畜が、呼吸困難で死ぬんです」(バンバーガー)

フラッキングは、天然ガスやオイルを採掘する新しい技術だ。地上から約3キロもの地下にあるシェール層まで井戸を掘り、そこから水平に掘った穴に、特殊な化学物質を含む大量の「フラッキング水」を高圧で流し込む。すると岩盤に毛細血管のような割れ目ができ、そこから天然ガスやオイルが取り出せる。

シェールガスの採掘現場は、原油や石炭などと違って、一般の農地にあることが多い。高圧がかかるため垂直に掘った井戸が爆発したり、採掘用の化学物質が入った水が漏れたりする危険もある。もし漏れた化学物質が水源に入れば、「汚染事故」が起きてしまう。

そうなれば、農作物、飲料水、肉やミルクまで化学物質の影響を受ける可能性が高く、人の健康にまで被害が及びかねない。夫妻は、フラッキングがすでに行われていた、隣接するペンシルベニア州などに調査に行き、その被害をつぶさに見て戦慄した。

次ページ原油価格の下落が影響
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。