92.8%--進路指導に困難を感じている高校の割合《気になる数字》

大学生の就職難が大きな話題となっているが、リクルートが実施した調査で、生徒の進路指導を難しいと感じる高校が9割超に達していることがわかった。この調査は2010年10月、同社が『キャリアガイダンス』を発送している全国の高校を対象に実施。4981校中1208校、24.3%の有効回答を得ている。

進路指導について、非常に難しいと感じている高校は38.4%と、2008年の前回調査から4.6ポイント増加。やや難しいと感じている54.4%と合わせて、進路指導に困難を感じている高校は92.8%、同1.4ポイント増えた。大学・短大への進学率別にみると、非常に難しいと感じている割合は、進学率40%未満の高校で52.6%と大幅に増加、就職環境が悪化していることがうかがえる。

難しさを感じる要因としては、「生徒の進路選択・決定能力の不足」が2年前と同様に1位だが、「保護者の家庭・家族環境の悪化」が増加し2位となるなど、景気悪化の影響が出てきている。また、「産業・労働・雇用環境の変化」が同8.1ポイント増の53.7%、「高卒就職市場の変化」が同21.9ポイント増の45.9%と急増。「日々変わる社会情勢のため、将来の職業や人生設計を含めた指導が困難になってきた」「生徒の望む職業と求人のギャップがある」など、高校の進路指導の場でも、構造変化に対応できない日本の姿を垣間見ることができるようだ。

(『東洋経済 統計月報』編集部 =週刊東洋経済2011年2月19日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT