子どもの学校へ「行き渋り」どうすればいいのか 「頭痛・腹痛や吐き気は心身のSOS」と専門家

印刷
A
A
AERA 2022年4月25日号より

今年高校に入学した都内に住む男子生徒は、中学2年の頃から徐々に学校に行けなくなった。朝になると頭痛や吐き気に襲われ、起き上がることができない。病院を受診すると「起立性調節障害」と診断された。心身症の一種で自律神経の乱れからくる。中学生では5人に1人が発症するとも言われている。母親は当時をこう振り返る。

「たまたま周りに同じ病気になった子を持つ人がいたので、早い段階で病院に連れていけました。知らなかったら、無理矢理起こしたりして私もイライラしていたと思います」

親のイライラが子どもの症状を悪化させることも

イライラするだけならいいが、場合によっては親のイライラが子どもの症状を悪化させることもある。

AERA 2022年4月25日号より
次ページ症状あっても通院せず
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT