「上司ガチャに外れた」と嘆く前にやるべきこと 上司との関係性をより良くするためのポイント

印刷
A
A
上司ガチャに失敗したら、諦めるか転職するしかないのでしょうか?(写真:kouta/PIXTA)
「上司ガチャ」という言葉をご存じでしょうか。引くまで何が出るかわからないカプセルトイの仕組みになぞらえて、就職先や配属先でいい上司に当たったかどうかをくじ引きのように表現した若者たちの言葉です。確かに上司は、選ぶことができません。しかも、上司のタイプによってその後の働き方やキャリアが大きく左右されることもあるでしょう。
では、上司ガチャに失敗したら、諦めるか転職するしかないのでしょうか? 自律型キャリア支援のサービスを提供する有山徹氏の著書『今のまま働き続けていいのか一度でも悩んだことがある人のための新しいキャリアの見つけ方』より一部抜粋・再編集してお届けします。

キャリア自律時代の上司と自分の関係性

組織と個人の関係性の最小単位は、「上司と自分との関係」です。

上司にもいろんな人がいますから、仕事を丸投げする上司、無理な数字を押し付ける上司、人によって態度を変える上司、機嫌が態度に出てしまう上司……など、嫌な上司と出会ってしまったと嘆く人もいるでしょう。

そんな上司のもとで何年もつらい思いをしたり、ストレスを抱えるのは不幸なことです。とはいえ転職していい上司に巡りあえるかというと、それも絶対ではありません。ですから、少しでも働く環境を自分で変えていくために、ボスマネジメントを意識してみてはいかがでしょうか。

「マネジメント」といえば、一般的には上司が部下を管理することを指しますが、逆に上司とどのような関係性を作るかというのが「ボスマネジメント」。

上司との関係性をより良くするためのポイントを、ここでは働き方とキャリアを焦点に2点、紹介します。

次ページ自分のタイプを伝える
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT