「35歳転職限界説」がもはや過去の遺物となった訳 40~50代の転職者がこの10年で激増している背景

印刷
A
A

「かつて企業は、終身雇用、職能制、年功序列、総合職、ジョブローテーション、といった文化の中で、就職氷河期明けの人手不足を若手、特に第二新卒で埋めていました。それが2013年以降の景気拡大によって、人材不足を35歳未満の人材で充足させることが難しくなっていたということと、合わせてジョブポスト制の浸透だったり、終身雇用の価値観が崩れたりしたことによって、即戦力採用がより進みました。そして働く価値観の変化がそこに加わって、40代以上の転職が増えてきたのではないかと思います」

65歳がロボティクス系ベンチャーへ転職した例も

そして、こんな最近の転職事例を教えてくれた。

それは、製造工程での開発設計の経験が豊富な65歳の人材が、20代社長が率いるロボティクス系のベンチャーに転職をしたという事例。量産化する仕組みの構築は、なるほど20代、30代では難しいはずだ。

「コト軸で考えたときには、経験豊富なシニアを採ったほうがちゃんと事業が進む、ということを理解してもらえた事例かな、と思います。量産といっても、そこに発注するのが最善なのか、ちゃんとそれでモノが作れるのかとか、品質は大丈夫なのかとか、分解するといくつもスキルセットを持っていないといけないので、当然、経験年数も積んでいる必要がある。この人材の場合、入社3カ月後には5000万円のコストカットを実現したそうです」

これは、相当にスキルフルであるからこそ迎え入れられた事例なのかもしれない。しかし、そこまでいかなくとも、40代、50代の転職数の増加を見ると、経験に裏付けられた知見やスキルを求める向きは多い、と推測できる。

筆者は転職についてニュートラルな立場であるが、以前のマーケットの常識は崩れ、仕事選びの選択肢は広がっている、と言えるのではないだろうか。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT