「脂肪肝は酒飲みだけがなる病気」は重大な誤解だ 糖質を摂りすぎると、肝臓に重大なダメージが

印刷
A
A
飲酒する人に多いイメージのある脂肪肝ですが、今はお酒を飲まない患者も増えているそうです(写真:recep-bg/GettyImages)
長野県の佐久市立国保浅間総合病院「スマート外来」では、患者の8割が3カ月で約5kgの減量と脂肪肝の改善に成功しています。その減量ノウハウとはーー。
肝臓外科医・尾形 哲氏が上梓した『専門医が教える 肝臓から脂肪を落とす食事術 予約の取れないスマート外来のメソッド』から一部抜粋・再構成してお届けします。

成人の3人に1人が脂肪肝という事実

現在、日本人成人の3人に1人が肝臓をむしばまれています。最新データでは、日本国内で約2,266万人が「脂肪肝」という病気です。これまでは、肝障害のある人の約9割は、慢性ウイルス肝炎か、アルコールを多飲しているかのどちらかでした。

しかし、今は違います。お酒を飲まないにもかかわらず「脂肪肝(非アルコール性脂肪肝疾患)」になる患者が増え続けています。

主な原因は「糖質」の摂りすぎです。肝臓は、「食べた脂」よりも、「精製された糖質」から中性脂肪を合成します。それが脂肪肝へとつながっているのです。

脂肪肝の組織を顕微鏡で見ると、肝細胞が風船のように膨らみ、細胞質内にはラーメンのスープに浮いている脂のような滴がたまっています。脂肪肝とは、肝臓のまわりに脂肪がつくのではなく、肝細胞の中に脂肪がたまって起きる病気なのです。脂肪のたまった肝臓は、自覚症状のないまま、徐々にその機能を失っていきます。

肥満との相関も非常に高いのですが、従来、日本人は欧米人ほど肥満率が高くないにもかかわらず、脂肪肝の発症率は欧米と同程度です。つまり、肥満の人はもちろんのこと、見た目は痩せていても脂肪肝という人が多数存在しているということです。

次ページ国内の脂肪肝患者は増加する予想
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT