実は世界一!日本のウイスキーがスゴイ理由

「マッサン」の思いを紡ぐ職人のワザ

「マッサン」のヒットで国産ウイスキーへの注目が高まっている

ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝。90年以上前に本場スコットランドから日本へウイスキーの製法技術を持ち帰った彼をモデルにしたNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」のヒットで、日本国内のウイスキー人気に火が点いている。特に「竹鶴」「余市」といったニッカウヰスキー製品への注目はかつてないほどだ。

創業者マッサンから受け継がれるウイスキーへの情熱。1月24日(土)夜7時からTBSテレビで放送の「ジョブチューン・アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」に出演する佐久間正さんは、その情熱を現代に継承する職人のひとりだ。ニッカウヰスキーで32年間ウイスキーを作り続け、現在はチーフブレンダーとして活躍する。

ブレンドは味の決め手

ウイスキーの味の決め手となるのがブレンドだ。日本のブレンダーの技術は、世界でも高く評価されている。現在、ニッカウヰスキーで佐久間さんがブレンドを手掛けたウイスキーが多数販売されているが、佐久間さんは多い時で1日150種類のウイスキーをテイスティングしブレンドする。

そもそも、なぜウイスキーを作る際にブレンドする必要があるのだろうか。それは、一つ樽のウイスキーだけだと味の個性が強すぎる、それぞれの原酒の個性を活かすためだ。さまざまなウイスキーを混ぜ合わせる事で、香りや味を調和されおいしいウイスキーとなる。一般に売られているモルトウイスキーは1本あたり10種類以上の原酒がブレンドされている。1本およそ5000円のモルトウイスキー「竹鶴17年」は、原酒を50種類以上もブレンドして作られるそうだ。

ウイスキーと耳にすると、スコッチウイスキーやアメリカンウイスキーなど海外のお酒とイメージするかもしれない。しかし、日本のウイスキーが世界5大ウイスキーのひとつに数えられ、実は「世界一」の称号を得ていることは日本人にあまり知られていない。

次ページ日本のウイスキーが得た称号
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT