アラサーのための戦略的「人生相談」--どうしたら「豊かさ」を実感できますか(その1)


広瀬 一郎

■■第6回 どうしたら「豊かさ」を実感できますか(その1)

柿谷建・仮名 32歳 男性 金融機関勤務

私は、そこそこ以上の大学を出て、そこそこ以上の会社に就職し、そこそこ以上の仕事もしているつもりです。おそらく、世間的には、かなり評価が高い人生を送っていると思います。現在の生活では、仕事も人間関係も恋愛関係も含めて、そこそこに充実しており、特別な問題はありません。
 
 じゃあいったい何が不服なんだと自分でも思うのですが、何となく満たされていないような感じなんです。それは贅沢だ、と言われるかもしれませんが、「豊かさ」を実感できないんです。何が問題なのでしょうか?

広瀬:あなたの悩みは、世間的に言えば、確かに贅沢な悩みだと言われるでしょうね。でも「贅沢な悩み」を持つことは、決して悪いことではありません。何しろ、そこそこ以上の方なんだから、悩みだってそこそこ以上で当然ですね。

たとえば、小林秀雄が、こんなことを言っています。

「ランボオは人生は退屈だと言った。新橋で酔っているサラリーマンも人生は退屈だと言う。確かに言葉は同じだが、その退屈の中身にはかなりの違いがある」

正確ではないですが、こんな趣旨でした。どうですか? 人はそれぞれの能力や立場や置かれている環境によって、次元の違う悩みを持つのが当たり前です。

先ほどあなたが言った「豊かさ」という問題もそうです。物理的な豊かさという条件は、人が何を「豊か」だと感じるのか、時代や場所によって基準が変わっています。それぞれの人が、それぞれの人に合った「豊かさ」を追求していいし、また追求すべきでしょうね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。