日銀には「21世紀型の金融政策モデル」が必要だ 世界中の中央銀行の金融政策は今や「時代遅れ」

印刷
A
A

こうなると、売れるものが偉い、ということになり、素晴らしいものでも売れないものは価値がゼロとなる。

さらにひどいことに、どうやって、消費者が必要でないものを消費者に売り込むか、うれしいと思わせるか、潜在的需要に気づかせる(場合によってはブランドという催眠術)、ということが重要になった。こうなると、価値は決まらない。だから、価値は、どこまでも大きく成りうるし、突然価値がなくなることもある(催眠術から覚める)。バブルの崩壊である。

スミスが解けなかったと言われる水とダイヤモンドの問題も、ここにある。ダイヤモンドの価値は稀少性にあるのではなく、人々が欲しがるからあるのである(実際、ダイヤモンドは稀少ではない)。しかし、財としては、水のほうが、価値がある。……と、競馬から離れてきて、ここらへんは長くなってしまっているので、また回を改めよう。

さて、競馬も「優れた馬を生産する」ということが重要なのであり、ギャンブラーの馬券という消費は、競馬の本質ではなく手段である。実際、日本の競馬ブームは、人気ゲームの「ダービースタリオン」「ウマ娘」などという競走馬の生産という本質の側の要素から生まれてきたのであり、馬券をギャンブルとしてとらえる人々は、余興なのである。

さらに、「一口馬主業界の発達で、日本の競走馬生産は持続可能性を獲得した」(欧州は、貴族の没落でオイルマネー依存に。オイルマネーがなくなれば、次をみつけないと危うい)という議論があるが、これは実は誤りである。

なぜなら、一口馬主に売れる馬を作ることが重要になり(消費者主導だ!)、売るために作る、となった瞬間に経済は堕落し、バブルが生まれるように、競走馬生産の堕落が始まる。それを防止するためには、オーナーブリーダーが重要であり、売らない馬を作ることが重要なのである。

マイラーズカップの注目馬はカラテとエアファンディタ

さて、24日に阪神競馬場で行われる読売マイラーズカップ(第11レース、距離1600メートル、G2)の注目馬は、カラテ。そして、エアファンディタだ。

父が、それぞれトゥザグローリー、ハットトリックであり、これらの種牡馬は良血だが、マイナー扱いだ。このような血が細々でも残っていくことが重要で、数少ない成功馬がさらに大成功となって、血を残すところまで行ってもらいたい。

彼らを送り出すオーナーたちは、メジロ牧場、早田牧場の代わりにはならないかもしれない。だが、一般には売れないが、強い可能性がある馬を所有することを続けていってほしい。

(当記事は「会社四季報オンライン」にも掲載しています)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT