原油高騰が示す「戦略物資」としてのエネルギー エネルギー事情の詳細を理解する重要性が高まる

印刷
A
A

「1バレル100ドル時代が到来するかもしれない」という柴田明夫氏が、昨今のエネルギー事情を読み解くための3冊を紹介。

特集「先を知るための「読書案内」」の他の記事を読む

ウクライナ侵攻は、原油をはじめとするエネルギーの安全保障にも大きく関わる。侵攻を契機にWTI原油先物価格は瞬間的に1バレル=130ドルまで上昇、その後も高値警戒感は継続している。

しかしエネルギー高騰の懸念は今に始まった話ではない。2015年のパリの「国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP)」で採択された「パリ協定」以降は原油・化石燃料関連企業からの投資撤退、ESG企業への投資が加速し、脱炭素が世界的に本格化した。

一方、国際エネルギー機関(IEA)が21年5月に発表した「Net Zero by 2050」では、現在使用している天然ガスの50%、石油の25%は残り、OPECなど在来型の石油資源を持つ国のウェートも高まるという。石油需要は将来的に減少するが、それ以前に原油の生産量が減り、需給が逼迫する流れの中で、原油価格は長期的に上がる傾向にある。ウクライナ侵攻はこの流れにダメ押しする格好だ。

加えて、18年に中国・上海で人民元建て原油先物取引が始まるなど、原油取引をドル建てで行うペトロダラー体制に挑戦する動きも見られる。中国はインドとともにロシアへの経済制裁に消極的であり、今後はユーラシア大陸での影響力を背景に中国のパワーがさらに増していく可能性がある。原油はマーケットで取引されるよりも戦略物資として国家間で取引されるようになる。価格は高止まりとなり、1バレル=100ドル時代が到来するかもしれない。

パイプラインの真実

こうした流れの中で読んでおきたいのは『新しい世界の資源地図』だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
先を知るための「読書案内」
『人新世の「資本論」』の著者が説く危機の見方
時間の厚みを感じ取るためにこそ読書が必要だ
自分の頭で考えて先読みしていくことが重要だ
激動の時代「進むべき道」を見失わないために
危機の時代の生き方、芸術の意義などを語った
忙しい10代の子どもたちも知るべき「地政学」
親は「自分の頭で考える大事さ」を伝えていく
地政学を考える基礎となる「軍事学」の古典的文献
日本はかつて地政学の研究不足で窮地に陥った
原油高騰が示す「戦略物資」としてのエネルギー
エネルギー事情の詳細を理解する重要性が高まる
日本の学術世界で軽んじられている「地域研究」
ロシア制裁の影響を読み解き、展望を描けるのか
「インフレ時代」にわれわれはどう対処すべきか
専門家でも物価の完璧な知見を持つ人は少ない
未来の生活予測には「SF的な発想」も役に立つ
デジタルの意味をきちんと理解する人は少ない
資本主義維持のためにつくられる「余計な仕事」
効率化、合理化が進む中で無益な仕事が増殖
仕事の改善には東洋思想の「パターン」が有効だ
「原型」を提供してくれる古典の習熟が役立つ
実は「テクノロジーの未来」は予想がしやすい
人々の価値観と技術の合致がカギを握っている
日本の経営は「志本主義」の時代に対応できるか
顧客、人財、金融の3市場の要請に対応すべき
「経済危機の理解」と「資本主義の理解」は不可分だ
日本が経験してきた危機に学ぶべき点は多い
多様な見方や観点への準備が求められている
先が読めない時代に「文学の普遍的価値」が生きる
世界が揺れ動き、不安に満ちた現代だからこそ
激動の時代に大いに役立つ「クラシックの歴史」
実は「世界の歴史」と密接に結びついている
希望を失う前に読むべき先哲の残した「古典」
古き文字には「人間の知恵」が詰まっている
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内