有料会員限定

ビジネスリーダーが今、読むべき「教養書」は何か 激動の時代「進むべき道」を見失わないために

印刷
A
A

21世紀は想定外の危機が続発している。もはや何が起きても「想定外」とはいえないのかもしれない。

世界的に有名な国際政治学者、イアン・ブレマーはG7もG20も機能しない不安定な国際社会の到来を指摘してきた(撮影:今井康一)

特集「先を知るための「読書案内」」の他の記事を読む

2008年のリーマンショックの際に、米国の元財務長官で経済学者のローレンス・サマーズが、「100年に一度の危機は3年に一度やってくる」と語ったといわれている。確かに21世紀の世界は加速度的にその混迷度合いを増しているように思う(必読書=ジョン・K・ガルブレイスの『不確実性の時代』)

2001年の米同時多発テロを皮切りに、2007年から始まる世界金融危機、11年の東日本大震災と福島第一原発事故、2019年に始まる新型コロナウイルス禍、2022年のロシアによるウクライナ侵攻など、21世紀は想定外の危機が目白押しである。ここまで危機的な状況が次から次へとやってくると、もはや何が起きても想定外とはいえないのかもしれない(ナシーム・ニコラス・タレブの『ブラック・スワン』)

3つのレベルで分類できる危機

こうした地球規模レベルでの危機は、以下のように、いくつかに分類できるのではないだろうか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
先を知るための「読書案内」
『人新世の「資本論」』の著者が説く危機の見方
時間の厚みを感じ取るためにこそ読書が必要だ
自分の頭で考えて先読みしていくことが重要だ
激動の時代「進むべき道」を見失わないために
危機の時代の生き方、芸術の意義などを語った
忙しい10代の子どもたちも知るべき「地政学」
親は「自分の頭で考える大事さ」を伝えていく
地政学を考える基礎となる「軍事学」の古典的文献
日本はかつて地政学の研究不足で窮地に陥った
原油高騰が示す「戦略物資」としてのエネルギー
エネルギー事情の詳細を理解する重要性が高まる
日本の学術世界で軽んじられている「地域研究」
ロシア制裁の影響を読み解き、展望を描けるのか
「インフレ時代」にわれわれはどう対処すべきか
専門家でも物価の完璧な知見を持つ人は少ない
未来の生活予測には「SF的な発想」も役に立つ
デジタルの意味をきちんと理解する人は少ない
資本主義維持のためにつくられる「余計な仕事」
効率化、合理化が進む中で無益な仕事が増殖
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内