近畿日本ツーリスト「大量閉店」を決断した舞台裏 損益分岐点を2000億円下げたリストラの全体像

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

旅行販売のデジタルシフトが進む中、従来のビジネスモデルは限界を迎えつつあった。

個人向け店舗の多くが姿を消した。ネットに軸足を移す中で、ブランド力の維持は課題になりそうだ(記者撮影)

特集「旅行会社の岐路」の他の記事を読む

コロナを契機に従来のモデルを脱皮し、事業の大転換を進められるか。

近畿日本ツーリストやクラブツーリズムを擁する旅行会社大手のKNT‐CTホールディングス(KNT)。コロナ禍で国内外の旅行需要が消滅し、さまざまなコスト削減に踏み切ったものの、2021年3月期は284億円と過去最大の最終赤字を計上。一時は債務超過に転落した。

KNTは2020年11月、コロナ前の事業規模に戻らない覚悟を決め、構造改革を掲げた。2021年1月に募集した希望退職にはグループ約7000人の2割に当たる1376人が応募(正社員は808人、有期雇用社員は568人)し、多くの人員が会社を去った。個人旅行を扱う店舗は100店以上が姿を消している。

「社員にとてもつらい決断を迫った」

身を切る改革の舞台裏は、実にシビアな経営判断の連続だった。

次ページ効率が悪かった個人向け店舗
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内