JTB、業界大手が脱「旅行会社」を進める切実な事情 岐路を迎えた旅行業界、モデル転換の試行錯誤

印刷
A
A

ビジネスモデルの転換を達成し、再成長に向けた道筋を作れるのか。岐路を迎える”業界ガリバー”の生き残り策を追った。

JTBをはじめとする旅行大手は、店頭主体のビジネスモデルからうまく転換できなかった(記者撮影)

特集「旅行会社の岐路」の他の記事を読む

旅行業界はコロナ禍でもっとも打撃を受けた業界の1つだ。海外旅行は消失し、国内旅行も激減した。最悪期は脱したものの、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発令されるなど一進一退の状況で、いまだ本格回復には至らない。

業界最大手のJTBも、需要の急減に抗うことはできなかった。2021年3月期に過去最大となる1051億円の最終赤字へと転落し、大規模なリストラを迫られた。

国内グループ会社10社以上、海外190拠点を整理し、国内では115店舗を閉鎖。グループ人員も大幅に削減するなど、過酷なものとなった。中でも天王洲アイルの本社ビル売却は、業界に衝撃をもたらした。

コロナ前から抱えていた課題

JTBは今回のリストラを起点に抜本的な事業構造改革を図る。成否のカギを握るのが、従来型の旅行会社との明確な決別だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内