JTB、コロナで毀損した財務はどこまで改善したか 2022年度は旅行の回復で営業利益の黒字化めざす

印刷
A
A

JTBはコロナ影響から2020年度に過去最大の最終赤字を計上し、大規模なリストラとビジネスモデルの改革に踏み切った。それから1年を経て、業績や財務内容はどう変わったのか。

JTBは2022年度に3期ぶりの営業黒字復帰を計画している(写真:筆者撮影)

特集「旅行会社の岐路」の他の記事を読む

業界総崩れの様相から、どこまで改善できたのか――。

コロナ禍で極めて厳しい状況に追い込まれた旅行業界。海外旅行が主力のエイチ・アイ・エスは大幅赤字を計上し、近畿日本ツーリストやクラブツーリズムを擁するKNT-CTホールディングスも一時は約100億円の債務超過に転落した。大手各社はリストラを断行するとともに、資金調達や資本増強策に追われた。

そんな中、業界最大手のJTBもコロナの影響を大きく受けた。2020年度に1000億円を超える過去最大の最終赤字を計上し、大規模なリストラとビジネスモデルの改革に踏み切った。

それから1年を経て、JTBが5月27日に発表した2021年度決算は、売上高が前年同期比56%増の5823億円、営業損益は48億円の赤字(2020年度は975億円の赤字)。当期純利益は284億円の黒字(同1051億円の赤字)に転換した。2022年度は3期ぶりの営業黒字化を計画している。

人件費は2019年度比で700億円超の削減

大底は脱したと言えるが、本業の旅行事業は売上高2109億円。前年度の1907億円から多少上向いたにすぎない。国内旅行の売上高は2019年度比で約4割の水準にとどまっている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内