相次ぐ「GoTo不正」で浮き彫りとなった深すぎる闇 ネット旅行社で浮上、HIS事件との共通点も散見

印刷
A
A

調査報告書から不正の経緯を読み解くと、あまたの問題点が浮かび上がった。

事業の再開に向けて課題が山積している(記者撮影)

特集「観光業の暗中模索」の他の記事を読む

旅行業界を揺るがす「Go Toトラベル不正問題」。その闇の深さが浮き彫りとなった。

旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)の子会社に続き、2月にGo To トラベルの不適切な申請が判明したネット専業の旅行会社・旅工房。同社は3月2日、西村あさひ法律事務所の高橋宏達弁護士を委員長とする第三者委員会の調査報告書を公表した。

旅工房は個人客に向けてパッケージ旅行を企画・販売し、航空券やホテル宿泊などの旅行商品を販売している。売り上げの大半が海外旅行で、ネットを駆使しつつも、コンシェルジュによるサービスを併用するのが特徴だ。顧客は30~40代の女性が中心となっている。

最大で4億円の損失が発生

調査委員会は焦点となった旅行商品について、不泊が多かったことなどから、給付金の対象とすることが不適切とされる可能性があると結論付けた。旅工房は今回の件で、仕入れ先に対して計上している債務が3億1370万円。地域共通クーポンについてもGo To トラベル事務局から9362万円分の返還を求められる可能性があり、最大で4億円超の損失が発生する可能性がある。

また、旅工房については積極的に不適切な催行に関与したわけではなく、Go To トラベルの仕組みから不当な利益を得ようとする取引先に利用された可能性を指摘した。調査報告書から不正の経緯を読み解くと、渦中の旅行商品を取り巻く奇妙な状況やHISグループの問題との関連性、Go To トラベル全体の課題など、あまたの問題点が浮かび上がった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
観光業の暗中模索
Go Toで観光業界は本当に救われたのか
データ/地域や業態で色濃い格差
GoToから置き去り「街の旅行会社」の切実な訴え
クーポンが余る異常事態、JTBは6500人削減
ビジネスホテル「住宅化」も辞さぬ大胆な生存策
出張と訪日のお得意様が激減、食いぶちを模索
ABホテル、業界人も目を疑う「黒字死守」の神髄
平時は利益率20%超、愛知の隠れた優良企業
GoTo消えたリゾートホテルに「春が来ない」悲哀
逆風下でも客層拡大、模索する自力の生き残り
近畿日本ツーリストが「1300人削減」の切迫事態
債務超過に転落、7000人の人員は1/3削減へ
名門ホテルが経営危機に直面「切迫財務」の全内幕
資金調達に315人リストラも、藤田観光の奔走劇
「椿山荘は売らない」藤田観光社長が覚悟する茨道
GoToトラベルは劇薬、慣れてしまうと本末転倒
名門・椿山荘が「結婚式の安売り」を猛省した理由
藤田観光がビジネスホテル、箱根とともに改革
HISグループで「GoTo不正」、観光業界に広がる不信
もうひとつの不正受給問題も浮上したばかり
HISグループ「GoTo不正」、観光庁怒りの厳重注意
調査終了許さず、刑事告訴も視野に全容解明へ
相次ぐ「GoTo不正」で浮き彫りとなった深すぎる闇
ネット旅行社で浮上、HIS事件との共通点も散見
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内