近畿日本ツーリストが「1300人削減」の切迫事態 債務超過に転落、7000人の人員は1/3削減へ

印刷
A
A
個人向け店舗は3分の2を閉鎖する方針。現在急ピッチで統廃合を進めている(編集部撮影)

特集「観光業の暗中模索」の他の記事を読む

米田昭正社長は静かに語った。「当社の設立以来、最大の赤字でございます」――。

旅行会社大手で近畿日本ツーリストを擁するKNT-CTホールディングスが正念場を迎えている。同社は2月9日に発表した2020年4~12月期決算において、旅行事業の苦戦や減損損失の計上から、34億円の債務超過に転落した。

売上高は前年同期比81%減の612億円、営業利益は261億円の赤字(前年同期は41億円の黒字)、当期純利益は216億円の赤字(同25億円の黒字)だった。すでに希望退職や事業構造改革を公表し、手を打ってきたが、国内旅行の回復ペースは鈍く、一段と厳しい状況に追い込まれている。

海外旅行が「ほぼゼロ」の衝撃度

大幅赤字の要因は、コロナによる需要減と固定費負担の重さに尽きる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
観光業の暗中模索
Go Toで観光業界は本当に救われたのか
データ/地域や業態で色濃い格差
GoToから置き去り「街の旅行会社」の切実な訴え
クーポンが余る異常事態、JTBは6500人削減
ビジネスホテル「住宅化」も辞さぬ大胆な生存策
出張と訪日のお得意様が激減、食いぶちを模索
ABホテル、業界人も目を疑う「黒字死守」の神髄
平時は利益率20%超、愛知の隠れた優良企業
GoTo消えたリゾートホテルに「春が来ない」悲哀
逆風下でも客層拡大、模索する自力の生き残り
近畿日本ツーリストが「1300人削減」の切迫事態
債務超過に転落、7000人の人員は1/3削減へ
名門ホテルが経営危機に直面「切迫財務」の全内幕
資金調達に315人リストラも、藤田観光の奔走劇
「椿山荘は売らない」藤田観光社長が覚悟する茨道
GoToトラベルは劇薬、慣れてしまうと本末転倒
名門・椿山荘が「結婚式の安売り」を猛省した理由
藤田観光がビジネスホテル、箱根とともに改革
HISグループで「GoTo不正」、観光業界に広がる不信
もうひとつの不正受給問題も浮上したばかり
HISグループ「GoTo不正」、観光庁怒りの厳重注意
調査終了許さず、刑事告訴も視野に全容解明へ
相次ぐ「GoTo不正」で浮き彫りとなった深すぎる闇
ネット旅行社で浮上、HIS事件との共通点も散見
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内