「椿山荘は売らない」藤田観光社長が覚悟する茨道 GoToトラベルは劇薬、慣れてしまうと本末転倒

印刷
A
A

前代未聞の観光不況を招いたコロナ禍。有力ホテルチェーンの藤田観光が直面した経営危機の舞台裏に迫った。

本拠地の椿山荘は山県有朋が私財を投じて庭園と邸宅を造った歴史を持つ(写真:藤田観光)

特集「観光業の暗中模索」の他の記事を読む

「ホテル椿山荘東京」などを運営する藤田観光は、コロナ禍で主力のビジネスホテルをはじめ、全事業が急激に落ち込んだ。債務超過寸前となり、早期退職や大阪の宴会場「太閤園」の売却など、身を削る対策を重ねてきた。
だが、資金確保を進め、箱根リゾートの開発プロジェクトも再始動するなど、反転攻勢に出つつある。伊勢宜弘社長はコロナ禍をどう切り抜け、成長路線に回帰しようと考えているのか。

直面した債務超過転落の危機

――早期から資金調達など財務の対策を余儀なくされました。

2020年4月に12の銀行から約200億円を借り入れ、資金繰りには何とか手を打った。だが、12月末にも債務超過に転落する可能性があった。上場会社だと、一度でも債務超過になると投資家、利用者の方に不安を与えてしまう。それは絶対回避しようとやってきた。

【2021年10月29日11時38分追記】初出時に記載した銀行の行数を上記のように修正いたします。

Go Toトラベル効果もあって12月末は免れたが、2021年1~3月は結婚式、宿泊とも客が少ない時期で、海外客も来られない。3月末には債務超過に転落する可能性が再び出てきた。そこで、いろいろな得意先や取引先に増資の件をお願いして回った。

だが、金額的に間に合わなかったため、やむなく大阪の宴会場である太閤園を売却することになった。その後も、資本を充実させなければ次に何かを進めることも難しくなるので、日本政策投資銀行の飲食・宿泊業支援ファンドに優先株を発行し、150億円を調達した。第一に考えたのは既存株主の権利で、希薄化させないこと。投資ファンドによる出資は後で希薄化が生じる。それはなんとか回避したいと思っていた。

――太閤園は332億円の売却益となり、財務の改善に大幅に貢献しました。取引としてはどう評価していますか。また、椿山荘を売却する可能性はあったのでしょうか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
観光業の暗中模索
Go Toで観光業界は本当に救われたのか
データ/地域や業態で色濃い格差
GoToから置き去り「街の旅行会社」の切実な訴え
クーポンが余る異常事態、JTBは6500人削減
ビジネスホテル「住宅化」も辞さぬ大胆な生存策
出張と訪日のお得意様が激減、食いぶちを模索
ABホテル、業界人も目を疑う「黒字死守」の神髄
平時は利益率20%超、愛知の隠れた優良企業
GoTo消えたリゾートホテルに「春が来ない」悲哀
逆風下でも客層拡大、模索する自力の生き残り
近畿日本ツーリストが「1300人削減」の切迫事態
債務超過に転落、7000人の人員は1/3削減へ
名門ホテルが経営危機に直面「切迫財務」の全内幕
資金調達に315人リストラも、藤田観光の奔走劇
「椿山荘は売らない」藤田観光社長が覚悟する茨道
GoToトラベルは劇薬、慣れてしまうと本末転倒
名門・椿山荘が「結婚式の安売り」を猛省した理由
藤田観光がビジネスホテル、箱根とともに改革
HISグループで「GoTo不正」、観光業界に広がる不信
もうひとつの不正受給問題も浮上したばかり
HISグループ「GoTo不正」、観光庁怒りの厳重注意
調査終了許さず、刑事告訴も視野に全容解明へ
相次ぐ「GoTo不正」で浮き彫りとなった深すぎる闇
ネット旅行社で浮上、HIS事件との共通点も散見
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内