HIS、黒字「ハウステンボス」売却検討する切迫事情 資金調達が進まず、譲渡で数百億円の売却益?

印刷
A
A

旅行大手のエイチ・アイ・エスが傘下のテーマパーク「ハウステンボス」を株式譲渡も含め検討中だ。テーマパーク事業は足元で黒字で、当面の資金繰りにも不安はなさそうな中、売却を検討せざるをえない切迫した事情とは。

HISは傘下のテーマパーク「ハウステンボス」の株式譲渡も含め検討している(編集部撮影)

特集「観光業の暗中模索」の他の記事を読む

長年の課題が再び動き出したか。旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)が傘下のテーマパーク「ハウステンボス」(長崎県佐世保市)を投資ファンドなどに売却しようと動いていると報道された。会社側は株式譲渡を含め検討中としつつ「何も決まっていない」としている。

関係者からすれば「何度も浮上しては消えてきた話」だ。経営不振のハウステンボスは2010年にHIS傘下に入り、澤田秀雄会長主導で再生を果たした。ただ業績は2015年をピークに伸び悩み、HISも「売れれば売る」方針だった。

実際、複数の打診があり、2018年には中国のコングロマリット・復星集団の出資受け入れを表明(後に中止)。2020年12月の決算説明会でも、澤田会長は「売却すれば700億~800億円になる」と言及していた。

ハウステンボスは足元で黒字

ハウステンボスは足元で黒字(2021年11月~2022年4月期のテーマパーク事業)を確保している。5~7月期も黒字の見通しだ。柱の海外旅行などが大幅赤字に沈む中、黒字事業を売却し資金確保を急ぐとすれば、どんな事情があるのか。

業況は実に厳しい。2021年11月~2022年4月期は売上高684億円(前年同期649億円)、269億円の最終赤字(同235億円の赤字)だった。海外旅行の回復は鈍い。2019年度は月間260億~470億円で推移した取扱高は、現在数億円から10数億円程度。5月も19億円と低水準だ。

「変なホテル」などを展開するホテル事業も、海外リゾートの集客難が影響し赤字が続く。エネルギー事業も電力調達価格の高騰を受け、上期に94億円もの赤字を計上。想定外の打撃となり、5月、電力小売事業を光通信グループに売却した。

次ページ当面の資金繰りに不安はない
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
観光業の暗中模索
Go Toで観光業界は本当に救われたのか
データ/地域や業態で色濃い格差
GoToから置き去り「街の旅行会社」の切実な訴え
クーポンが余る異常事態、JTBは6500人削減
ビジネスホテル「住宅化」も辞さぬ大胆な生存策
出張と訪日のお得意様が激減、食いぶちを模索
ABホテル、業界人も目を疑う「黒字死守」の神髄
平時は利益率20%超、愛知の隠れた優良企業
GoTo消えたリゾートホテルに「春が来ない」悲哀
逆風下でも客層拡大、模索する自力の生き残り
近畿日本ツーリストが「1300人削減」の切迫事態
債務超過に転落、7000人の人員は1/3削減へ
名門ホテルが経営危機に直面「切迫財務」の全内幕
資金調達に315人リストラも、藤田観光の奔走劇
「椿山荘は売らない」藤田観光社長が覚悟する茨道
GoToトラベルは劇薬、慣れてしまうと本末転倒
名門・椿山荘が「結婚式の安売り」を猛省した理由
藤田観光がビジネスホテル、箱根とともに改革
HISグループで「GoTo不正」、観光業界に広がる不信
もうひとつの不正受給問題も浮上したばかり
HISグループ「GoTo不正」、観光庁怒りの厳重注意
調査終了許さず、刑事告訴も視野に全容解明へ
相次ぐ「GoTo不正」で浮き彫りとなった深すぎる闇
ネット旅行社で浮上、HIS事件との共通点も散見
HIS、黒字「ハウステンボス」売却検討する切迫事情
資金調達が進まず、譲渡で数百億円の売却益?
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内