三菱電機、新社長が語った「不正続発」の病巣 5000字インタビュー/社風改革にどう挑むか

印刷
A
A

長年にわたる品質不正問題が相次ぎ発覚したさなかに就任した漆間新社長。不正を温存してきた会社の体質をどう変えるのか。

不正を拾い上げる土壌を作れていなかったことに対する反省を述べた漆間社長。創業以来最大の危機に会社が直面する中、あえて社長就任を受け入れた理由も明かした(撮影:尾形文繁)

特集「三菱電機 100年企業の試練」の他の記事を読む

危急存亡の秋(とき)――。
創立100年を迎えた記念すべき2021年、長年にわたる検査不正が相次ぎ発覚した三菱電機。引責辞任した杉山武史社長の後を継いだ漆間啓新社長は、7月28日の就任会見で会社の現状をこう表現した。
10月1日に公開された弁護士らによる調査報告書では、「製作所・工場あって会社なし」などと組織風土の問題を指弾された。不正を温存してきた会社の体質をどう変えていくのか。漆間新社長を直撃した。

まず従業員全員に伝えたこと

――社長に就任後、最初に何から取り組んだのでしょうか。

従業員にどんなメッセージを出すべきかを考えてきた。すぐに現場に行くこともできないし、不祥事を起こしていない工場の従業員は他人ごとのように感じるかもしれない。従業員全員が"自分ごと"として問題をとらえて、もう一度自分たちを見直してほしいと考えて文章を作り発信した。

――具体的に何を?

上にものを言える風土を作ろう。失敗しても許容できる風土を作ろう。問題をみんなで解決しよう。そんなことを全社員に発信した。伝えたのはお盆の連休明け。それまで私も精神的に落ち着いていなかったし、休みの間によく考えてメッセージを作った。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内