有料会員限定

危機を乗り切るために「武器になる本」を読め 自分の頭で考えて先読みしていくことが重要だ

印刷
A
A

「今後1年くらいの動きを知るために必要な本」として、佐藤優氏が5冊を厳選。

佐藤 優(さとう・まさる)/作家・元外務省主任分析官。1960年生まれ。同志社大学大学院神学研究科修了。85年に外務省入省。専門の外交問題のみならず、政治・文学・歴史・神学など幅広い分野で執筆活動を展開。『国家の罠』『自壊する帝国』など著書多数。(撮影:尾形文繁)

特集「先を知るための「読書案内」」の他の記事を読む

先読みしている人はわかると思うが、ウクライナ危機はスタグフレーションにつながる。また、ロシア、中国、北朝鮮が一体となって日本に対決姿勢を示しており、国内では国防予算大幅増の話も出ている。ますます混沌とした時代になり、ゴールデンウィークは悠長に「教養でも身に付けよう」という感じではない。

危機を乗り切るためにどうすればいいか、武器になる本を読むことが求められる。今後1年ぐらいの動きを知るために必要な本(5冊)を選んだ。

ビジネスパーソンは第6章と7章を読めばいい

1冊目はレーニンの『帝国主義』。読みにくいが、ビジネスパーソンは、第6章「列強のあいだでの世界の分割」と、第7章「資本主義の特殊の段階としての帝国主義」を読めばいい。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
先を知るための「読書案内」
『人新世の「資本論」』の著者が説く危機の見方
時間の厚みを感じ取るためにこそ読書が必要だ
自分の頭で考えて先読みしていくことが重要だ
激動の時代「進むべき道」を見失わないために
危機の時代の生き方、芸術の意義などを語った
忙しい10代の子どもたちも知るべき「地政学」
親は「自分の頭で考える大事さ」を伝えていく
地政学を考える基礎となる「軍事学」の古典的文献
日本はかつて地政学の研究不足で窮地に陥った
原油高騰が示す「戦略物資」としてのエネルギー
エネルギー事情の詳細を理解する重要性が高まる
日本の学術世界で軽んじられている「地域研究」
ロシア制裁の影響を読み解き、展望を描けるのか
「インフレ時代」にわれわれはどう対処すべきか
専門家でも物価の完璧な知見を持つ人は少ない
未来の生活予測には「SF的な発想」も役に立つ
デジタルの意味をきちんと理解する人は少ない
資本主義維持のためにつくられる「余計な仕事」
効率化、合理化が進む中で無益な仕事が増殖
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内