「経済危機の理解」と「資本主義の理解」は不可分だ 日本が経験してきた危機に学ぶべき点は多い

印刷
A
A

「危機の中で生きる手がかり」を提供する書物、5冊を紹介。

特集「先を知るための「読書案内」」の他の記事を読む

危機の中で生きる手がかりを提供する書物として、5冊を取り上げたい。1冊目は、『資本主義の歴史 起源・拡大・現在』である。著者のユルゲン・コッカは、ドイツ近現代史を中心に、数多くの重要な研究を発表してきた、「碩学(せきがく)」という言葉がふさわしい研究者だ。本書では資本主義の歴史、すなわち資本主義はどのように生まれ、拡大し、変化し、何をもたらしてきたかという壮大なテーマに取り組む。

近現代の危機、とくに経済危機は多かれ少なかれ資本主義と関連しているため、資本主義を理解することは危機を理解するうえで有意義だ。本書はコンパクトな中に豊富な内容を盛り込んでいる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
先を知るための「読書案内」
『人新世の「資本論」』の著者が説く危機の見方
時間の厚みを感じ取るためにこそ読書が必要だ
自分の頭で考えて先読みしていくことが重要だ
激動の時代「進むべき道」を見失わないために
危機の時代の生き方、芸術の意義などを語った
忙しい10代の子どもたちも知るべき「地政学」
親は「自分の頭で考える大事さ」を伝えていく
地政学を考える基礎となる「軍事学」の古典的文献
日本はかつて地政学の研究不足で窮地に陥った
原油高騰が示す「戦略物資」としてのエネルギー
エネルギー事情の詳細を理解する重要性が高まる
日本の学術世界で軽んじられている「地域研究」
ロシア制裁の影響を読み解き、展望を描けるのか
「インフレ時代」にわれわれはどう対処すべきか
専門家でも物価の完璧な知見を持つ人は少ない
未来の生活予測には「SF的な発想」も役に立つ
デジタルの意味をきちんと理解する人は少ない
資本主義維持のためにつくられる「余計な仕事」
効率化、合理化が進む中で無益な仕事が増殖
仕事の改善には東洋思想の「パターン」が有効だ
「原型」を提供してくれる古典の習熟が役立つ
実は「テクノロジーの未来」は予想がしやすい
人々の価値観と技術の合致がカギを握っている
日本の経営は「志本主義」の時代に対応できるか
顧客、人財、金融の3市場の要請に対応すべき
「経済危機の理解」と「資本主義の理解」は不可分だ
日本が経験してきた危機に学ぶべき点は多い
多様な見方や観点への準備が求められている
先が読めない時代に「文学の普遍的価値」が生きる
世界が揺れ動き、不安に満ちた現代だからこそ
激動の時代に大いに役立つ「クラシックの歴史」
実は「世界の歴史」と密接に結びついている
希望を失う前に読むべき先哲の残した「古典」
古き文字には「人間の知恵」が詰まっている
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内