有料会員限定

横尾忠則氏「芸術を愛さない人が戦争を起こす」 危機の時代の生き方、芸術の意義などを語った

印刷
A
A

横尾氏は「みんな、頭と言葉だけに頼りすぎている」と警鐘を鳴らす。

横尾忠則(よこお・ただのり)/美術家。1936年生まれ。ニューヨーク近代美術館、アムステルダム美術館、カルティエ現代美術財団など国内外で個展を開催。朝日賞、高松宮殿下記念世界文化賞、泉鏡花文学賞、講談社エッセイ賞など受賞多数。(撮影:尾形文繁)

特集「先を知るための「読書案内」」の他の記事を読む

グラフィックデザイナーとして活動後、画家として自然風景や肖像画など、多様な作品を手がけてきたのが横尾忠則氏である。85歳の今も精力的に活動を続ける。コロナ禍、ウクライナ戦争と続く危機の時代の生き方、芸術の意義などについて聞いた。

 

──コロナ禍ではどう過ごしていましたか。

創作時間が増えた。作品点数が40代、50代のころよりも増えて、人生でいちばん多いくらい。人と会うことが減って、アトリエの中で、絵を描くばかり。皮肉にもこれが創作の原動力になってしまった。

そもそも動物から発生したのが、コロナでしょ。コロナの持つ動物性や野性が僕の中の野性と結び付いたのかな。僕はコロナという異常事態をクリエーティブな方向へ転換できた。昨年は大規模な展覧会を行ったし、『原郷の森』という小説もこの2年で書いた。

宇宙的な視点から、現世を見たときのばかばかしさ

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
先を知るための「読書案内」
『人新世の「資本論」』の著者が説く危機の見方
時間の厚みを感じ取るためにこそ読書が必要だ
自分の頭で考えて先読みしていくことが重要だ
激動の時代「進むべき道」を見失わないために
危機の時代の生き方、芸術の意義などを語った
忙しい10代の子どもたちも知るべき「地政学」
親は「自分の頭で考える大事さ」を伝えていく
地政学を考える基礎となる「軍事学」の古典的文献
日本はかつて地政学の研究不足で窮地に陥った
原油高騰が示す「戦略物資」としてのエネルギー
エネルギー事情の詳細を理解する重要性が高まる
日本の学術世界で軽んじられている「地域研究」
ロシア制裁の影響を読み解き、展望を描けるのか
「インフレ時代」にわれわれはどう対処すべきか
専門家でも物価の完璧な知見を持つ人は少ない
未来の生活予測には「SF的な発想」も役に立つ
デジタルの意味をきちんと理解する人は少ない
資本主義維持のためにつくられる「余計な仕事」
効率化、合理化が進む中で無益な仕事が増殖
仕事の改善には東洋思想の「パターン」が有効だ
「原型」を提供してくれる古典の習熟が役立つ
実は「テクノロジーの未来」は予想がしやすい
人々の価値観と技術の合致がカギを握っている
日本の経営は「志本主義」の時代に対応できるか
顧客、人財、金融の3市場の要請に対応すべき
「経済危機の理解」と「資本主義の理解」は不可分だ
日本が経験してきた危機に学ぶべき点は多い
危機をまったく別の風景にする「哲学的な視点」
多様な見方や観点への準備が求められている
先が読めない時代に「文学の普遍的価値」が生きる
世界が揺れ動き、不安に満ちた現代だからこそ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内