三井物産、モザンビーク巨額投資の大胆不敵

果敢な資源権益への投資戦略の舞台裏

純利益に占める比率が7割超と資源一本足の三井物産にとって、インフラなどの安定収益事業の育成は急務。14年5月に発表した中期経営計画では、「7つの攻め筋」を標榜。強みのある資源投資を足掛かりに、関連する非資源事業を育てる戦略を鮮明にしている。

モザンビークでの一体開発投資が動き出す中、14年1月には安倍晋三首相が同国を訪問し、5年間で700億円のODA(政府開発援助)供与を表明した。日本政府と歩調を合わせインフラへ投資することは、モザンビーク政府に対して国づくりの支援を行う意思表示にもなる。

資源価格は下げ止まるのか

とはいえ、資源市況は本当に今が底値なのか。強気の投資戦略を続けていいのか。

モザンビークでの一体開発投資にはまったく別の側面もある。資源市況低迷に苦しむヴァーレは資産売却を進めている最中。だが、鉱山と鉄道を切り売りすれば事業継続にリスクが出る。今回の出資は「戦略パートナーであるヴァーレの救済役を買って出た」(大和証券の五百旗頭治郎シニアアナリスト)ともみられる。

原料炭価格はピークをつけた11年の1トン=330ドルから足元は110ドル台で低迷している。「モアティーズ炭鉱は石炭市況が戻るのを前提にしており、決して安い買い物ではない。ヴァーレや政府への政治的判断が優先され、投資判断基準が甘くなっていないか懸念が残る」(五百旗頭氏)。

原油価格も前期実績の1バレル=110ドルから、足元では50ドルを割る水準まで急落。上流権益に投資する総合商社には向かい風が吹く。円安による緩和効果や原油相場の業績反映のタイムラグに加え、現下のような資源安は一時的との経営判断から、15年3月期には大幅な減損は出さないとみられる。だが、市況下落が長期化すれば来期以降、収益のピークアウトは必至だ。

逆風が吹き荒れる中、資源・インフラを引っくるめたアフリカ投資は吉と出るのか。商社随一といわれる三井物産の目利き力が試される。

「週刊東洋経済」2015年1月24日号<19日発売>「核心リポート03」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。