「逆オイルショック」で原油は4年ぶり安値

サウジが価格調整役を放棄し、下落加速へ

11月27日のOPEC総会では減産見送りが決定された(EPA=時事)

原油価格の下落が止まらない。11月27日、ウィーンで開かれた石油輸出国機構(OPEC)総会で、現在の日量3000万バレルの生産目標をOPECが維持し、減産を見送る方針を示すと、市場は敏感に反応した。

12月に入ると、北海ブレント原油先物は一時70ドルの大台を割り、68ドルまで急落。6月のピーク111ドルから4割近く下落し、4年ぶりの水準にまで原油安が進行した。

「オイルプレミアムが剥落し、2011年から続いた100ドル相場が終焉した」とみずほ総合研究所の主任エコノミスト・井上淳氏は言う。

米国が原油供給国へと転換

原油価格下落の要因は需給構造への見方の変化だ。シェール革命で米国が需要国から供給国に転換する一方、消費国である新興国の成長が鈍化。そうなると地政学リスクをハヤして流入した投機マネーも退いていった。

今までは、10年末からのアラブの春や12年のホルムズ海峡封鎖騒動など、産油国の供給不安があった。足元でも、イスラム国の台頭など、供給不安は高まっているように見える。が、反政府勢力との内戦で原油輸出が途絶していたリビアが、輸出を再開。イスラム国が活発に活動するイラクも、油田の多くが集中する南部における影響は軽微で、実際には増産を続けている。

米国のQE3(量的緩和第3弾)終了など投機マネーを下支えしてきた金融緩和の縮小も、夏以降の原油価格の下落に拍車をかけた。

次ページOPECの盟主・サウジが動かず
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。