狩猟・採集時代からの「脳のクセ」が左右--『ヒトはなぜ拍手をするのか』を書いた小林朋道氏(鳥取環境大学教授)に聞く


──エネルギーを使わない?

狩猟・採集社会では、自分より順位的に上の者が目の前にいるときは、エネルギーを使って融和を示す。エネルギーを使わない、つまり楽な姿勢を取るのは敬意を払っていないというメッセージと同じことだ。

一方の、ポケットに手を入れるというのは、一見リラックスのポーズのようだが、相手を問題にしていないと、攻撃的な意味合いに取られる。同時に肩が上がる姿勢は大きな意味を持つ。狩猟・採集社会でヒトは、肩が上がるのは威嚇している姿勢だと脳に埋め込んだ。

腕組みをすることも、肩が上がるため威嚇的だと感じられやすい。逆に肩の部分は裃などの服装や相撲をはじめとしたスポーツで、意識的に強さを強調するために使われてもいる。

──肉体自体にその“残痕”があるともあります。

人間の体毛は今でこそ短くなっているが、生え方は変わっていない。面白いことに、相手を威嚇するときには自律神経が興奮して毛が立ち、肩が盛り上がる。

──顔の表情にはポーカーフェースというのもあります。

魚にも闘争のときに最後まで正直な気持ちは見せない種類がある。危険な状態でも「顔色」一つ変えない。空威張りしていれば、ぎりぎりで相手が折れてくれるかもしれないというわけだ。それも駄目になると、最後にパッと体色を変え、融和のしま模様になったりする。

人間比較行動学の世界的な権威が相撲を観戦して、下位の力士なら、動作や表情で勝敗をだいたい予想できたと言っていた。ところが上位の取り組みは予測が難しい。鍛えられてそうなったのか、もともとそうだったから上位に行けたのか。表情には、エネルギーを使わないという意志だけでなく、動揺はしないという心の動きも表れる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT