オリックス、2年で観客動員30%増の秘密

「カープ女子」の次は「オリ姫」の時代だ

――ところで、昨年(2014年)の夏に京セラドームとほっともっと神戸で1試合ずつ観戦したのですが、どちらも女性客が目立ちました。特にお母さんと娘という組み合わせが多かったように思います。聞くところによると、オリックスファンの女子のことを「オリ姫」と呼ぶそうですね。

女性ファンは以前から増えていたのですが、2013年シーズンの後半くらいから目に見える形で増えてきたので、自然発生的に「オリ嬢」とか「オリ姫」とかいう言葉が誕生してきたように思います。「オリ姫」に集約されてきたのは、2014年の七夕の時期あたり。球団として公式に使い始めたのは8月に、女子対象のイベント「集まれ!カメラ女子」の告知をかけた時からです。

「オリ姫」をどうやって増やしたのか?

イケメン捕手伊藤光選手はゴールデングラブ賞も受賞 ©ORIX Buffaloes

――女性ファンは狙って増やしたのでしょうか。

狙って増やしたというよりは、全方位戦略の中で増えてきたのが女性だったので、女性ファン狙いの施策を集中的に増やしたという順番です。

というのも、CRMの手法も取り入れた結果、女性は男性と行動様式が異なることがわかりましてね。男性はチームを応援するけれど、女性は選手個人を応援する。○○クンを応援するんですよ。購買行動も全然違います。男性はビールは飲んでくれるけれど、グッズは買いません。でも女性は応援している○○クンのグッズなら、高額のレプリカユニフォームでも買ってくれます。ファンの人数と購買力が違うんですね。

――女性ファンを狙った施策にはどんなものがあるのでしょうか。

選手個人との接点を設けられるイベントを企画しました。ゲーム後に選手とハイタッチできるイベントとか、2013年のクリスマスには、独身イケメントリオの伊藤光、海田智行、安達了一(2014年1月に結婚、この時点では独身)が登場する女性限定のクリスマスパーティーをやりまして、大変好評でした。

ファン感謝デーの選手ファッションショー ©ORIX Buffaloes

2014年はシーズン終盤の9月7日のゲーム開始前に、女性ファン限定で選手の撮影会「集まれ!カメラ女子」を開催しました。球団専属カメラマンの撮影レクチャー付きで、これも大変好評でした。シーズン終了後のファン感謝デーでは、選手の私服ファッションショーもやったのですが、このときにも舞台に近いエリアに「オリ姫ゾーン」を設け、選手と直接触れ合えるようにしました。

――イケメントリオの効果は絶大ですね。ファンクラブにも力が入っています。

糸井や坂口といった、ワイルド系が好きな女性も多いんですよ。ファンクラブについては、年会費10万円のプレミアム会員を120名募集しましたが、即完売しました。プレミアム会員は、新人の入団記者会見の会場に入れるなど、メンバー限定の特別イベントに、参加資格を付けています。

次ページ課題もまだまだある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT