「Facebookがシャオミへ出資交渉」の必然

<動画>中国と米国のテック企業は接近中

フェイスブックは中国大陸に大きな関心を寄せている

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは、前途有望な中国のスマートフォンメーカーとして知られる小米科技(シャオミ)への資本参加について話し合いを行った。これは、現在活躍中の中国のテック企業が、米国のテック企業にとって、いかに魅力的になっているかを示したものだ。

2つのテック系巨大企業の間で投資に関する話し合いが行われたというニュースは、ロイターがスクープしたものだ。

出資は実現しなかった

フェイスブックとシャオミの出資交渉は、結局、実を結ばなかった。しかし、この交渉が行われたこと自体、1台目のスマートフォンを販売してからたった3年の間に、いかにシャオミの影響力が大きくなったのかを示している。

さまざまな報道によれば、シャオミには現在約450億ドルの企業価値があるとされている。昨年だけでも売り上げは230億ドルに上る巨大企業だ。

ロイターのタラ・ジョセフ記者は次のように語る。「ザッカーバーグ氏は以前から中国市場に参入したいと思っていました。この国では今、ソーシャルメディアは爆発的に拡大中です。しかしフェイスブックは、ツイッターのような他の西側のサービスと同じく、世界で最も人口の多いこの国では長らくブロックされてきました。中国が国の安全のため行っているインターネット検閲が大きく影響しているのです」。

次ページシャオミのスマホは米国のOSあってこそ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT