中国の小米が11億ドル調達、企業価値450億ドルに

シンガポール政府投資公社などから

 12月29日の発表によると、中国新興IT機器メーカーの小米科技(シャオミ)はシンガポール政府投資公社(GIC)などから11億ドルを調達した。写真は雷軍CEO、7月撮影(2014年 ロイター/Jason Lee)

[北京 29日 ロイター] - スマートフォンなどを手掛ける中国新興IT機器メーカーの小米科技(シャオミ)[XTC.UL]は、シンガポール政府投資公社(GIC)などの投資家から11億ドルを調達した。今回の資本調達で、同社の企業価値は450億ドルと評価されたという。雷軍(レイ・ジュン)最高経営責任者(CEO)が29日、ソーシャル・メディア「微博」で発表した。

ほかに出資に応じたのは、オールスターズ・インベストメント、DSTグローバル、雲鋒基金などプライベートエクイティ(PE)各社。

ここ数四半期の業界の販売データによると、小米科技はわずか3年の間に、韓国のサムスン電子<005930.KS>や米アップル<AAPL.O>に次ぐ世界で第3位のスマホメーカーへと急成長した。さらに今回の資本調達で、世界で最も価値の高い未上場企業の1つであることが示された。

今回の資本調達で評価された450億ドルという企業価値は、レノボ・グループ(聯想集団)<0992.HK>の時価総額の3倍近い水準だ。小米は2013年の前回の資本調達では、企業価値を100億ドルと評価されており、その当時から企業価値が4倍以上に拡大したことになる。

*情報を追加しました

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。