中国の小米が11億ドル調達、企業価値450億ドルに

シンガポール政府投資公社などから

 12月29日の発表によると、中国新興IT機器メーカーの小米科技(シャオミ)はシンガポール政府投資公社(GIC)などから11億ドルを調達した。写真は雷軍CEO、7月撮影(2014年 ロイター/Jason Lee)

[北京 29日 ロイター] - スマートフォンなどを手掛ける中国新興IT機器メーカーの小米科技(シャオミ)[XTC.UL]は、シンガポール政府投資公社(GIC)などの投資家から11億ドルを調達した。今回の資本調達で、同社の企業価値は450億ドルと評価されたという。雷軍(レイ・ジュン)最高経営責任者(CEO)が29日、ソーシャル・メディア「微博」で発表した。

ほかに出資に応じたのは、オールスターズ・インベストメント、DSTグローバル、雲鋒基金などプライベートエクイティ(PE)各社。

ここ数四半期の業界の販売データによると、小米科技はわずか3年の間に、韓国のサムスン電子<005930.KS>や米アップル<AAPL.O>に次ぐ世界で第3位のスマホメーカーへと急成長した。さらに今回の資本調達で、世界で最も価値の高い未上場企業の1つであることが示された。

今回の資本調達で評価された450億ドルという企業価値は、レノボ・グループ(聯想集団)<0992.HK>の時価総額の3倍近い水準だ。小米は2013年の前回の資本調達では、企業価値を100億ドルと評価されており、その当時から企業価値が4倍以上に拡大したことになる。

*情報を追加しました

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT